アンテナRSS最新情報

小説の書き方教えてくれ!

1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)00:56:20 ID:CCI
前々から書いてみたいなーとは思ってたんだけど
小説を書こうとするのなんて初めてだから、世界観やらストーリーやら何から始めてどう作っていくかが分からない

アドバイス求む



3: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:05:12 ID:CCI
設定だけでも典型的なラノベではないようにしたい

4: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:16:50 ID:Oe4
何も思いついてないでどうして小説書こうと思ったんだ?

5: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:18:00 ID:vep
書きたいものもないのに書きたいの?

7: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:20:36 ID:CCI
なんとなくの設定ならある
なんとかそれを膨らまして小説書く段階まで持っていきたい

9: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:22:21 ID:Oe4
>>7
そのジャンルと話せる範囲であらすじ

12: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:25:57 ID:CCI
>>9
ジャンルはファンタジー?異世界もの?

人間が生贄を捧げる場所があってそこに生贄目当てで妖怪が潜伏してた
ある日信仰が集まったためか本当に神が生まれる

あらすじらしきものはこれだけ

13: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:29:46 ID:Oe4
>>12
人間の信仰の対象はその妖怪ではなかったのにその妖怪が神様になっちゃうみたいなこと?

14: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:30:46 ID:CCI
>>13
妖怪が神になったんじゃなくてその土地に新たな神が発生した感じ

269: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:17:26 ID:sHT
>>12
このあたりでめちゃくちゃ大きな枠組みはできてたじゃない

8: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:21:23 ID:vep
そんならもう行き当たりばったりで書け書け

12: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:25:57 ID:CCI
>>8
行き止まりどころか道がないんだが

269: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:17:26 ID:sHT
>>12
このあたりでめちゃくちゃ大きな枠組みはできてたじゃない

10: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:23:38 ID:2sw
岡本太郎が「幼稚園児の描く絵は素晴らしい、中学生くらいになるともう駄目」
と言っていたのをなぜか思い出した

11: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:24:41 ID:xL3
まず文章で物を語ることができなきゃ話にならんのは当然だよな?
これには内容が創造であるか現実であるかは問われないのもわかるよな?
まず日記から書いてみよう
そこで自分の身に現実に起こった物を語れないのなら
小説も書けないということになる

15: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:31:34 ID:vep
今小説の書き方なんて調べりゃいくらでも出てくるだろ

16: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:32:16 ID:CCI
>>15
もちろん調べてもいるけどどうせならスレ立ててみたかった

17: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:35:30 ID:xL3
日記のほうが小説よりも格段に簡単に書けるはずなのはちょっと考えればわかること
なんせストーリーや設定を一切考える必要がないんだから
日記すら書けないようじゃ小説など到底無理だと逆説的に言い切れる
ここでは便宜的に日記と言ってるけど別に毎日書く必要はない
旅行に行ったとかイベントに参加したとか
何か特別なことがあった場合にそれを文章にしてみることだな

18: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:38:26 ID:CCI
>>17
毎日じゃなくても書けることがあったら文章にして書き出すのがいいってこと?
正直書くことが起きるような人生じゃないんだよなぁ
なんとかアンテナ立てて書くこと探すようにする

21: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:41:26 ID:xL3
>>18
一言で言うと
日記すら書けないようじゃ空想日記たる小説も書けない

19: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:38:40 ID:Oe4
お前が気に入るかどうか分からないが、
お前がそのあらすじからどう着想を得ていけばいいか考える助けになればいいと思うので
俺がそのあらすじから得た印象や妄想をちょっと語る

まずその妖怪が神になるのでないとしたら、その妖怪には別の役割があるということ
その妖怪は神が生まれた顛末について一番身近で知れる存在ということ
人間は神様出現後何も知らずに妖怪を無視して神様崇める、でも成立するけど
人間と妖怪、神の間にも橋渡しがあった方が話が動く

22: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:44:29 ID:CCI
>>19
ありがとうすごい参考になる

信仰が無くなると消滅するって設定が良いかなと思ってるから
何か起こって信仰が減る→信仰を取り戻すために行動するって感じにしようかと考えてる

妖怪と神との関係性もどうしようかな
妖怪が居たのが原因で神が生まれたってのがいいかな
その原因をどうするか

23: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:48:24 ID:4Dq
昔Twitterで見たのはどうしても書きたいセリフやシチュエーションだけいくつか先に書き出してそれを適当な順番に置く、それを繋ぐように地の文と会話を書くってやつかな

24: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:49:29 ID:CCI
調べてると主人公には目的と成長があるといいって書いてあった

目的は一先ず、信仰を得て消滅を逃れることにしておこう
成長させる方法はどうしようか

>>23
今のところは特に無いなぁ

25: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:50:23 ID:xL3
最近じゃあまり見ないけど
以前は半生を語るスレみたいなのがよくあっただろ?
そういったものが読み物としてまとまっていたかと言えばほとんどそうじゃない
実際に経験したことであるにも関わらずだ
そんな文章力で小説を書こうと思っても
自分の頭の中にしかいない架空の人物の半生を語れるはずがないんだよな
もちろんそういったスレでは一問一答に近い形の対話を前提にしていて
読み物として書き込んでいるわけじゃない人が大半だったろうけど

26: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:50:52 ID:4Dq
主人公は神なの?妖怪なの?神には成長もクソもあったもんじゃないから妖怪のが書きやすいんじゃね?とは思うけど

30: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:56:05 ID:CCI
>>26
書きそびれてたけど神というか信仰が食料代わりの生き物的な感じをイメージしてる
名称変えたほうが誤解を招きにくいし変えようかな?神族とか?
主人公は両方にしようと思う

27: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:51:01 ID:dr8
長すぎると絶対飽きるから
初めは読み切り程度の長さにしろよ

30: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:56:05 ID:CCI
>>27
完成を優先させる

28: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:51:16 ID:Oe4
俺だったら霊能者のような人間キャラクタを主人公におく
この主人公は正義のヒーローではない

ある地域で神への供物として生贄を捧げる風習を守っていた
しかしその供物は土地の神とはいえないような妖怪が攫って食っていた
人はそれを知らず半ば神の仕業と思っていた

そこに霊能者が通りかかり妖怪を退治しようとするが
命乞いする妖怪から何らかの悪だくみの共謀者になるように提案されそれに乗る
妖怪と霊能者はコンビで悪だくみをするのだがある日マジもんの神様が生まれてしまう
それはコンビの悪だくみの結果だったり、今まで神様のようにふるまってきた妖怪のために
人々の信仰が集まった結果だったりする

コンビにとってその本当の神は商売の邪魔だった
そればかりか自分たちの命をも脅かす存在になった
妖怪と霊能者は神様と対決することを決意する

30: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:56:05 ID:CCI
>>28
面白そう
あらすじがスラスラと出てくるのが羨ましい
自分は生まれたばかりの神を妖怪が助けるような構図にしようか考えてる

29: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:51:24 ID:vep
書きたいシーンがまだないってマジかよ
そういうもんから作ってくもんだと思ってたが

30: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:56:05 ID:CCI
>>29
元々世界観自体を作ろうとしてて、ふとこの設定思いついて小説書きたくなった

31: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:56:34 ID:xL3
ちなみにあらすじだの設定だのは
小説に限らずマンガアニメドラマ映画
すべてのフィクションの素になるもの
そこばかり考えても小説を書けるようにならんよ
マンガ描けるようになりたいなら設定考える前に絵を描けるようになれと言うようなもん

32: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)01:58:56 ID:dr8
つまり必要なのは語彙力
語彙力をみにつける為にも好みのジャンルの本を読み漁るべし

33: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:02:06 ID:CCI
>>32
語彙力の不足は今痛感してる
レス返すのにも割と苦労してる状態w

読むものといったらなろうか二次小説ばかりなんだよなぁ
読もうとして途中で投げてた本が何冊あったしこれを期に読むか

35: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:04:07 ID:xL3
>>33
書くために読むという意識を忘れないように
そして実際書いていかないと身に付かない
だから日記を勧めてる

36: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:06:36 ID:CCI
>>35
もちろん
ところで読書感想文ってのはあり?

38: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:12:04 ID:xL3
架空のストーリーを考えた
→文章で表現する:小説
→コマ割りされた絵で表現する:マンガ
→動く絵で表現する:アニメ
→実写で表現する:映画
どのメディアでも表現の技術をもって演出するもんだ

>>36
どんな文章でもそれが読み物として受け入れられることを意識して書けばいいけど
小説に直結するのはやっぱり日記が一番ラクに思える

39: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:13:59 ID:vep
>>36
主人公は神なのか
成り立ちからすると土地神っぽいけど

41: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:20:51 ID:CCI
>>39
どちらかにするなら神かな
土地を守るような存在っていうよりかは信仰で生きる生物にしたい




妖怪が神を助けようとする理由は何がいいかなぁ
人間との関係性も重要だな
今度は妖怪の種族としての設定が気になってきた
ちょっと考えることがとっちらかってきた感じ

分かりにくいから神の名称を暫定的に神族にしておく
あんまり変わらない気もするけど他に単語が思い浮かばない

53: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:24:00 ID:vep
>>41
神なんか味方につけりゃいい事づくめだ!って下心からの助力でええんちゃう

57: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:25:55 ID:CCI
>>53
難しく考えすぎてたけどそんぐらい単純なほうがいいか
信仰により神通力的なの扱えるみたいなイメージあるし

34: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:03:02 ID:vep
その世界観で主人公が何をするかよ

36: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:06:36 ID:CCI
>>34
具体的な目的をなんとか考えたい

37: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:07:43 ID:Oe4
俺が生まれたばかりの神を妖怪が助けるような構図で書くなら
さっきのとは違って人間と妖怪/神はあんまり接点ない感じにするかなあ
妖怪主人公にして神様を育てるんだけど妖怪はやはり妖怪で人間からは大事にされないみたいな悲哀を書く

41: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:20:51 ID:CCI
>>37
なるほど
主人公は片方に絞ったほうが書きやすいかな?

40: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:20:12 ID:xL3
日記以外に文章表現を磨くのに手っ取り早いのは
マンガなど既存のフィクション作品のノベライズだな
この作業もストーリーだの設定だのを考える必要がない

58: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:26:58 ID:vep
イッチのイメージはどんな感じなん?ほのぼの?血みどろ?

59: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:28:37 ID:CCI
>>58
うまく表現できないが退廃的な世界でシリアス混じりのほのぼの?

60: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:30:18 ID:vep
>>59
人類は衰退しました的な

62: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:32:15 ID:CCI
>>60
見たこと無いから分からん

63: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:35:13 ID:vep
>>62
俺もアニメしか知らんけど、良質らしい

目的が信仰を集める、としても何すんじゃろ、と思ってさ
ギャグがシリアスかでやること違うじゃん

65: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:39:08 ID:CCI
>>63
興味があって参考にしてる作品がかなり偏ってるからそれにかなり引っ張られそう
それを考えると、どちらかというとシリアス寄りでギャグが少し混じった
って感じになるのか?

66: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:44:34 ID:vep
>>65
俺は分からんけどw
シリアスにすんなら最終目標みたいなのは欲しいのかもな
村?を外敵から守るでもいいけど

67: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:46:52 ID:CCI
>>66
ごめん途中から独り言混じってた

最終目標かぁ
主人公たちを旅させようかとも考えてたけどそれだと話伸びるし
舞台移さず短くまとめられるようなやつじゃないとな

68: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:51:02 ID:vep
>>67
旅でもいいんじゃないかな
腹が減ったら立ち寄った街で良いことして信仰を食うみたいな
で、3つめくらいで巨悪の噂を聞いてそれを倒す事を最終目標にするとか

61: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:30:38 ID:xL3
>>59
マンガに画風があるように小説には文体がある
文体でそういった雰囲気や空気感を表現しなきゃいけない

62: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:32:15 ID:CCI
>>61
言われてみるとその通りだな
書く話決まったらそれに近い小説でも読むべきか

69: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:52:42 ID:bRn
とりあえず、まずは穴埋めかな

・主人公とヒロインや登場人物
・物語の始まりの場所や状況
・物語の目的
・物語の障害と乗り越え方
・物語の最終的な結果

これでまずやりたいことを箇条書きにする
箇条書きの項目にそれぞれ「経過」を箇条書きでいくつか追加する
その経過を時間軸で並べてく

76: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:04:34 ID:CCI
>>69
これを考えてみてるけど、障害物と乗り越え方と最後が決まらないな

80: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:09:02 ID:bRn
>>76
障害って書き方したけど、要するに目的へ向かった際に「何が起こったか」を考えるだけでいい
「仲間内で喧嘩」でも「目的に対して疑問を持った」でもいいよ
箇条書きで構わないから。いくつかキャラにやらせたいことをとりあえず書いてみる

97: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:24:35 ID:bRn
さっきの穴埋めだけど
・主人公とヒロインや登場人物→イッチ おーぷん民
・物語の始まりの場所や状況→イッチが飯を食べ終わった時に、ふと自宅にて何かやってみようと思いつく
・物語の目的→イッチが自分の小説を完成させる
・物語の障害→乗り越え方
 小説の書き方が分かんないし経験がないのから考える→おーぷんでスレを立てる
 >>69のようなド素人が口を出す→戯言を聞き流してアク禁
 そもそも小説の長さが分かんない→ネットでググる
・物語の最終的な結果→納得した小説を登場人物イッチは完成させた

最初はこんくらいの穴埋めでいい感じよ。本当に箇条書きで骨子を作ると楽

70: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:55:22 ID:znP
退廃的になった原因とかそれを主人公がどう感じているか内面を掘り下げると動きが出てくるのでは

72: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:57:34 ID:CCI
>>70
そこらへんも世界観を作ってる時に考えてたんだけど決まらず仕舞いだったんだよなぁ
どちらにせよ結構壮大になってる

71: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:55:32 ID:lHS
世界観や設定をまともに練るとノート1冊あっても足りないからほどほどにね

72: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:57:34 ID:CCI
>>71
最低限決めるべきなじゃないかってものもどんどん出てきてキリがないね

73: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)02:58:46 ID:lHS
いざ文章書こうとしたら言葉が紡げない感じ?
それとも小説を執筆するにおいて全体の流れが掴めてない感じ?

74: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:00:37 ID:CCI
>>73
まだ執筆する段階にも至って無い気もする上に、未経験なのも相まってその両方

75: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:04:00 ID:znP
神にも妖怪にもいいところとわるいところの両方があると共感しやすい イッチの現在の小説作り以外の悩みぎもんなど研ぎ澄まして投影して行くのも手

78: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:07:49 ID:CCI
>>75
対立と葛藤があるといいって書いてあったから相反した性格で、どちらも一理ある感じにしようかと

77: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:07:19 ID:lHS
とりあえず設定とかどうでもいいから
実際に会話文形式で書き出すといいよ

実践してみないと足りないものが掴めない

79: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:08:44 ID:CCI
>>77
なんとかやってみるわ
SSみたいな感じ?

81: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:09:26 ID:lHS
>>79
そうそう
小説でも論文でも
とりあえず書かないと始まらないから

82: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:11:36 ID:lHS
俺が小説書くときはプロットから目次を抽出して
そこに会話文を書き足してる

あとは地の文で風景とかを描写するだけ

92: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:19:25 ID:lHS
何かモチーフにするのが一番書きやすい
古事記とか

93: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:20:20 ID:CCI
>>92
かなり影響受けてる作品はあるから困ったらそれ参考にしようと思う

95: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:23:14 ID:9nQ
>>93
トラック異世界か?

98: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:27:58 ID:CCI
>>95
ラノベではない

94: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:21:57 ID:lHS
二次創作から始めてみるのもありだと思う
ハーメルンとかあるし

96: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:24:29 ID:CCI
>>94
二次小説も書いてみようかと思ったことあるけど、元作品を網羅でもしないとどうしても気になりそうで諦めた

99: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:29:31 ID:CCI
SSもどきも穴埋めもちょと詰まった
今読んでるサイトに別のやり方があったはずだからちょっとそっちを参考にしてみようと思う

100: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)03:32:34 ID:CCI
ちなみにあらすじドットコムってサイト
今日はもう遅いしこのサイトちょっと読んでから寝ようと思う

101: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)08:59:37 ID:GYf
もう>>1はいないだろうけど、基本は5W1Hと起承転結
これだけ守ってればお話の体になる

102: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:21:48 ID:CCI
今日もやってくぞ

>>101
あらすじドットコムが転から物語を作るようだからそれに習おうと思う

103: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:28:10 ID:znP
>>102
起 承はぬかすん?

104: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:29:09 ID:CCI
>>103
転を作れば起承も作れるらしい

105: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:33:18 ID:znP
>>104
転が先はユニークいきなり修羅場みたいで面白そう

106: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:35:31 ID:vep
転から考えて、後から起承を付け足すって意味では?

107: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:37:14 ID:CCI
起承転結の順番は変わらずに、ただ最初に転を作るってだけね

108: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:39:16 ID:vep
そりゃそうだ、と思った
スパイダーマンだってきっと蜘蛛のスーパーヒーローになる!から入って、あとから新聞記者だのクモに噛まれる経緯だのを考えていったんだろうし

109: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:43:22 ID:znP
むかし永遠の仔が時間の経過が行ったり来たりで初めての経験でサスペンスのようでドキドキした
その後その形をよく触れた
>>108
ワイの感違いや 出来上がったんか転から入るおもた

110: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:46:52 ID:vep
>>109
でもそれもたまにある手法よね
物語のクライマックスチラ見せして、過去の話から入る演出

112: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:55:00 ID:znP
>>110
映画なんかもあるね 構成がうまくないと訳わかんくなる

111: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:54:45 ID:CCI
転の部分をどういうタイプにするか決まったらなんとなく物語の全体像が見えてきた

114: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)14:56:57 ID:znP
>>111
おめでとう!

115: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:08:35 ID:CCI
信仰失って、それを再び取り戻すって感じにしようと考えてるけど
信仰を得るって具体的に何だという今更な疑問にぶち当たった

117: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:11:10 ID:znP
>>115
きっかけ?状態?

120: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:14:41 ID:CCI
>>117
読解力無いのかどういうこと言ってるのか分からないからもうちょっと分かりやすくお願い

121: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:26:49 ID:znP
>>120
言葉足らずすまん
信仰に入るキッカケについてか
信仰に入った人の心情や行動をしりたいんか?

125: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:36:36 ID:CCI
>>121
それもあるし
神道を参考にしようとしてるけど神道の信仰って具体的にどういったものかについて探してる所

126: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:40:15 ID:vep
>>125
こんな感じなのかなと想像しただけよ
ベースはイッチの出した世界観だからね

127: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:43:33 ID:znP
>>125
神道か…未知の分野や アマテラスやスサノオが神道なん?
古事記とか? 分からんか興味のあるな

122: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:27:59 ID:vep
>>120
勝手につらつら吐き出すけど、
ある時、腹をすかせた妖怪が生贄を捧げる祭壇らしきものを発見する。妖怪はここにいれば自動的に食事にありつけると考え、待つ事にする。
ところが、待てど暮らせど生贄は運ばれてこない。
どうなってるんだ!と我慢出来ずに大声をあげた妖怪に、背後から声をかけるものが。
それはかつて大きな力を持っていたが、時が経つにつれて信仰心が失われ、もはや消え去る寸前とも言える神だった

てきな

123: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:33:38 ID:znP
>>122
面白いな
かつての絶対神かなぜ…とひきこまれるわ

125: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:36:36 ID:CCI
>>122
なんかこっちのほうが断然面白そうなんだけど

124: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:35:17 ID:SB7
>>120
異世界転生チーレム要素入れろや
身の程を知れ

125: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:36:36 ID:CCI
>>124
少なくとも今は入れない

118: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:13:39 ID:SB7
>>115
信者ポイントを貯めると信仰レベルが上がって
レベルアップ時に神スキルがもらえる
スキルを駆使して更に多くの信者を集めろ!

120: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:14:41 ID:CCI
>>118
異世界転生物の要素を入れる予定はない

116: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:10:41 ID:vep
ひとだすけ

120: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:14:41 ID:CCI
>>116
そのあたりが妥当だけど、具体的にどんな状態の人をどう助けるか悩んでる

119: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:14:20 ID:vep
スタートは変わってないの?

120: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:14:41 ID:CCI
>>119
今のところは

128: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:46:29 ID:SB7
なんで知らないものを名前の印象だけで選んで
ネットでテキトーに調べて書き散らそうとするんやろ?

129: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:51:42 ID:CCI
>>128
興味が湧いたから
テキトーではなく本来の意味で適当に調べようとはしている
そしてまだ書き始めてすらいない

130: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:55:44 ID:KRw
神道小説と聞いて

解説付きでも良いから古事記と日本書紀のわかる本を読んだり
神社本庁の監修した本を買ったりすると良いよ

131: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)15:59:21 ID:CCI
>>130
今はまだにわか未満だし図書館にもで行って調べようかと考えてる

132: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)16:08:16 ID:znP
>>131
ええな取材が確実やと深みがでるわ いってら

133: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)16:10:24 ID:CCI
>>132
行きたいけど原付きで20分の距離の上に、原付きは今修理に出してるんだよね

134: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)16:29:38 ID:KRw
>>131
まぁそれでもいいかな…。

135: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)16:38:55 ID:CCI
>>134
何か問題あったりする?

137: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)16:43:37 ID:KRw
>>135
神道を題材に書くのなら題材にする神様に挨拶に行って来た方が良いよ
何気ない事だけど結構効果あるから

136: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)16:42:49 ID:SB7
半年以上引きこもりだったイッチが
図書館に向かう途中でトラックに跳ねられ異世界転生する事態を危惧して

138: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)16:49:29 ID:CCI
あー多分題材って感じにはならないと思う
ただなんとなく神道好きだからどういったものかちゃんと知ってついでに世界観作るときの参考にしようって程度

139: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)16:53:11 ID:CCI
どちらにせよ今から色々調べても一朝一夕で身につけて応用は無理だろうから、今書こうとしてる小説は今持ってる知識だけで書いていこうと思う
完成を最優先にしておきたい

142: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)17:36:24 ID:vCe
ワナビスレって結局小説の話などせずシナリオ一辺倒になるんだよな
んでそれってマンガじゃ駄目なん?って疑問しか湧かない

144: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)17:41:07 ID:rkb
>>142
プロット作る過程は漫画も小説も最初は一緒だからなー
次の段階までいかんと漫画と小説の違いはないやろ。そして、イッチはその最初の段階なんだし

147: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)19:26:08 ID:vCe
>>144
それ漫画に例えると

絵が描けない描いたこともない
でもオリジナル漫画のシナリオばかり考えてる

っていうようなもんだ
これがいかに不毛なことかわからないのがワナビのワナビたる由縁

148: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)19:35:54 ID:rkb
>>147
今文章の書き方を教えるのは
君の言う漫画に例えると、ネームが出来てないのにペンいれやベタのやり方を教えるようなもんやで
書きたい起承転結の骨子も箇条書きもあまり出来てないのに小説文章の書き方を書いてどうすんねん

145: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)17:41:21 ID:CCI
>>142
漫画のほうが時間かかりそうだし

143: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)17:38:18 ID:kQx
文章を書くアドバイスをして貰った方がいいと思うぞ

145: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)17:41:21 ID:CCI
>>143
書く文章が決まったらね
設定もなるべく最小限でまとめるつもりだからそうは時間掛からないはず

146: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)19:13:11 ID:znP
ワイの1ミリ程度の認識では神が誕生しその後神族妖怪妖精人間が多い神は自分の妻や子に地位を奪われたりする
其の時妖怪などがからむ
ある国では子では無く家来に地位をうばわれる
外国の神話だが
イッチは神より妖怪を先に存在させてるんがユニークやな
何故退廃的になったんか妖怪がそれにどう関わってるか
それについて小説で触れるかふれないか
イッチの作品楽しみやでー

149: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)19:39:58 ID:CCI
>>146
最終的な世界観の密度はSkyrimを目指すつもり
ただ今回の小説は、完成させることを目標になるべく短く最低限にするから、世界観に触れることはほぼ無いと思う

150: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)19:48:20 ID:el0
よくやるのはその人物の死に方を考えてみる

156: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)21:09:41 ID:rkb
とりあえず、プロットはどのあたりまでできた感じ?
背景とか裏設定じゃなくて、単純に小説の流れのプロット

157: 名無しさん@おーぷん 2018/08/07(火)21:14:08 ID:CCI
>>156
プロットと言えるか分からないけど大体全体を通して一回書けた
ただ対立軸のような存在も無いし、具体的なものも決まってないから設定を作りつつ修正しようとしてるとこ

162: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)18:20:13 ID:x8E
だいぶ話が固まってきたから、試しにあらすじのようなものを書いてみてる
てかあらすじやらプロットやらストーリーやら色々あるけど定義や違いがいまいち分かってない
時系列を書き出してるだけのようなこれはどれに該当するんだろ

163: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)18:27:15 ID:ulN
いいからはよー!楽しみ

164: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)18:47:52 ID:x8E
書けた

木々が重なり合い偶然生まれた廃れつつある社のような空間、行き倒れた妖怪はそこで誕生したばかりの神族の少女に出会う。
二人はそこで生活するが、ある日神族の少女から信仰が急速に失われつつあることに気がつく。
近くの村に新たな神族が訪れ信仰がそちらに流れていたのだ。
その神族の正体が人妖が化けたものだと気がつくが、妖怪を匿っていることを糾弾され追われる身に。
妖怪の機転で窮地を脱し、信仰を得る為、別の村に向かう二人。神族の少女が衰弱しつつあるなか、追手の村人たちと人妖に追いつかれてしまう。
戦いの中正体を現した人妖により追手の村人や妖怪が倒れ、それを切っ掛けに神族の少女に本来あるはずのない力が発現する。
その力により人妖を倒し、助けられた追手の村人たちの証言により村に神族として受け入れられる。

165: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)18:50:13 ID:ulN
>>164
かみがおにゃのこだとは思わなかったw

236: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:26:20 ID:JNG
レスしたものの中では>>164が最新
ただちょっと突かれただけで綻びまみれだからこれを土台に書き直す
んで書いたのをここに投稿してアドバイス貰って書き直すを繰り返して完成度高めていきたい

263: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:03:15 ID:JNG
>>164の冒頭はたまたま木々が重なってできたものに人間が勝手に神を見出して信仰してたって感じで
その考えが神道の自然崇拝を参考にした

支離滅裂だろうけどちゃんと伝えれる文章力無い

167: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)18:58:56 ID:x8E
取り敢えずこれを土台にあらすじドットコムで書かれていることやアドバイス取り入れていく予定
んである程度満足するストーリーになってからようやく執筆に取り掛かれる

168: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)19:02:15 ID:ulN
質問してええんかな
人妖はなんで追ってきたん?

169: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)19:04:07 ID:x8E
>>168
妖怪という種族に恨みを抱いて人妖になった元人間か
妖怪(キャラ)に個人的な恨みがある元人間
のどちらかにしようと考えてる

170: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)19:15:25 ID:ulN
>>169
なるほど。筋が通ってた

172: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)22:19:18 ID:x8E
あらすじドットコムで多く触れてるどんでん返しが無いなそういや

173: 名無しさん@おーぷん 2018/08/08(水)23:31:50 ID:x8E
5w1hっぽい感じのも一応埋めてみた

どこで
世界に点在している、神族達の管理下にない空間領域の一つにある村落

誰が
生まれたばかりの神族

なにをする
失いつつある信仰を取り戻す

なぜ
信仰を失うと消滅するため

どのように
神族を騙る人妖を倒し村人に受け入れられる

敵対者
妖怪や神族に恨みを抱いている人妖

始まり
衰弱した妖怪が行き倒れた場所に神族が生まれる

終わり
人妖を倒したことで村人からの信仰を取り戻す

174: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:07:08 ID:dI8
この設定だと神族は村人の信仰が無いと生存できない奴隷なんだけど
性奴隷でもするのかな
普通に村人が襲撃しても倒せる存在みたいだし

神族はどういった立ち位置なの?
信仰とはどういうものなの?
なぜ村人と神族は、信仰を介して存在すら左右されてしまうような関係になったの?

175: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:13:40 ID:JNG
>>174
逆に村人も神族という種族の力がないと生きるのが中々困難な世界
この村には当初神族は居ないけど、神族が管理している場所だと
人間は神族を信仰して神族はその信仰を力に人間を妖怪や災害などから守る
っていう関係にある
この村の村人にしてみればようやく現れた神族を害そうって発想はないと思う

最後の質問はこの世界観を作ってるときからずっと考えてるけどいい案が浮かんでない状態

176: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:14:58 ID:dI8
>>175
それでも、存在が消えるほどの重大事に比べれば、
神族の少女は村人の性奴隷兼用心棒として生かされててもおかしくないじゃん

177: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:20:44 ID:JNG
>>176
神族に化けた人妖が信仰を得てる状態だから、村人もこっちの神族が居ればいいし
人妖が、社に住んでいる少女も妖怪だって言ったのかも
だから別の村に逃げようと考えた

設定が色々あやふやだから矛盾してるとこあるかも

178: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:23:04 ID:dI8
>>177
いやそうじゃなくて、神族という存在の脆弱性について言ってる
信仰がなきゃ消えるなら、関係が人間側に有利過ぎるでしょってこと
肉便器として神族の少女を犯しながら「俺らの信仰がなきゃ生きていけないんだから感謝しろよ」って言われるようなエロ同人設定になっとるぞと。

180: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:32:03 ID:JNG
>>178
神族が消えると人間の存続も危ない
妖怪のが人間より強い勢力も拮抗してる
信仰得てる神族はかなり強いし自分の管理下にある場所はほぼ完全に掌握してる
国王みたいな?下剋上が起きる場合もあるけど成功することはほぼないと思う

182: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:38:09 ID:dI8
>>180
それなら信仰を失う道理がないじゃん
ってかそもそも、人妖に付け入られることができる時点でおかしくなってしまう

今回の状況がどうこうじゃなくて、
神族は人がいないと『存在すらできない』んだから、
上下関係は人の方が上になっちゃうじゃん

184: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:43:13 ID:JNG
>>182
村と神族の少女はまだ密接に関わってるわけでは無くてそこに付け入られたってことで

186: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:45:57 ID:dI8
>>184
つけいられるなら守れてないやんけ
その隙に村人皆殺しにされて、人がいなくなって神族も消滅するじゃん

188: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:49:05 ID:JNG
>>186
そうなるけど人妖が己の欲望の為に村人皆殺しより先に二人を追った

179: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:24:28 ID:dI8
信仰が無いと消える、信仰が無いと弱まるっていう形で
主人公の神族少女による行動原理を作ってしまうと、
信仰を得るためになんでもします!になっちゃうじゃん

180: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:32:03 ID:JNG
>>179
神族の少女の場合はそうなる可能性もあるかも
ただ人妖が生かしておく気は無いと思うから今回は起こらない
手負いとはいえ妖怪も守ってるし

これちゃんと答えになってる?
質問の意図をこっちがちゃんと理解してないかも

181: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:34:02 ID:JNG
関係無いけど億が一にでもこの作品の同人誌が作られるとしたらそういうの作られてもいいかとふと思った

183: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:40:16 ID:dI8
神族のおかげで人が存続出来てるなら
人妖がこようがなんだろうが叩きだして終わりでしょ
それができないなら、そもそも守れてないことになる

184: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:43:13 ID:JNG
>>183
人妖は化けてて村人から神族だと思われ信頼も得つつある

ちょっとまって
今あらすじ書き直してて、そっちと若干ごっちゃになってるかもしれない

185: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:45:12 ID:JNG
人間も神族もどちらかがいないと存亡の危機だから共依存状態だと考えてる

187: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:47:30 ID:dI8
>>185
人間は神族がいなくても生きていけるじゃん

戦力として神族がいなければいけないなら、
人妖が付け入る隙は、そのまま敵対勢力が村人皆殺しに出来る隙だぞ

188: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:49:05 ID:JNG
>>187
ややこしくなるけど神族がいなくなると人間が住む世界も崩壊するって設定
先にこれ説明しておくべきだった

189: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:50:41 ID:JNG
過去に世界が崩壊したことあって、神族達が人間ひいては自分たちを守るために結界を作って人間を保護した

190: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:51:41 ID:dI8
>神族達の管理下にない空間領域
じゃあこれは間違いやん

191: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:52:00 ID:JNG
>>190
本当だ
どうしよう

192: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:52:22 ID:dI8
結界がある=人妖はこない
結界がない=そもそも神族がいらない

193: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:54:28 ID:JNG
結界って言ってもかなり巨大で土地の保護目的だから妖怪取り込んでるし行き来もできる

196: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:56:29 ID:dI8
>>193
それならなおさら、人がいなくなると神族が消えて世界が崩壊するから
妖怪やらの外敵が人を襲う理由がなくなる
人を襲えば神族に攻撃されて、そもそも人が死に絶えたら世界が崩壊する

194: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:54:49 ID:dI8
>>1が作った設定だと、外敵が攻め込む理由すらないよね
神族がいなくなったら崩壊する世界なら、神族は絶対排除できないわけだし

195: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:56:20 ID:JNG
ああ後、人妖は結界内に住んでいた元人間

197: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:56:57 ID:dI8
>>195
人妖はいいけど、それ以外の外敵はいないってことになるやんけ

198: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:58:28 ID:JNG
神族、人間、妖怪で共依存してるって設定にしたいと考えてる
神族と妖怪が裏で結託して人間襲ってそれを助ける自作自演とか?

199: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)00:59:00 ID:dI8
>>198
それだとそもそも何もしなければハッピーエンドになる
自作自演する意味はなんなんだ

200: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:02:10 ID:JNG
>>199
妖怪は人間の恐怖を糧にしているから人間を襲って恐怖の対象になる必要がある
神は信仰を得る必要があるから人間に頼られる必要がある

ぶっちゃけ別作品の設定を元にそれを自分の世界観に合わせようとしてるからここらへんは矛盾だらけだと思う

203: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:02:56 ID:dI8
>>200
それなら人を飼い殺せばいいだけになる
人間牧場すればいい

206: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:05:48 ID:JNG
>>203
それだと純粋な信仰が得られないとか?

う~ん全然説得力ないな

207: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:07:16 ID:dI8
>>206
クトゥルフに備えたって、妖怪は神族に排除される程度の存在なんだから
妖怪を排して人を飼い殺し、神族の勢力を整えればいいだけじゃないですかね

209: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:09:34 ID:JNG
>>207
自分の中では神族と妖怪の力関係は釣り合ってるようなイメージ

201: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:02:12 ID:dI8
そして段々人妖が神族を恨む理由が希薄になっていくな

202: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:02:51 ID:JNG
人妖
元人間
他の種族に比べてひ弱な人間として生まれてしまったことや自分らを容易に蹂躙できるのにそうはしない妖怪
そんな人間を助けようとしない神族達に恨みに近い感情を抱いており、それが切っ掛けで人妖へ
しかし人妖になったことで世界を掌握する存在を垣間見る
自分では到底敵わない存在を知ってしまった人妖は、いつしか自分より弱い存在を貶め自尊心を満たすようになった

一応こんな設定

204: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:03:46 ID:dI8
>>202
助けてるやん

206: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:05:48 ID:JNG
>>204
この人妖が住んでたところには神族いなかった
ただそうすると190にぶち当たるな

205: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:04:23 ID:dI8
それに妖怪がいなくちゃいけない理由がないから、
神族は自身の理想郷のために妖怪滅ぼして終わり

206: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:05:48 ID:JNG
>>205
クトゥルフ的なのが封印されててその封印が解けた時に備えるって設定を作りかけてる

208: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:08:13 ID:dI8
ってかここまで詰めていくと、村人に迫害される神族少女ってのもおかしくなるな
妖怪だと思ったにしろ、それを迫害できるなら神族に頼る必要がないことになる

209: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:09:34 ID:JNG
>>208
人妖を手助けしようとしてるだけで自分らでは迫害できない

210: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:11:47 ID:dI8
今度はどんどん村人という存在が薄っぺらくなっていくな
人妖なんてモノになってしまうなら、飼い殺して人妖になった瞬間殺せばいいだけになる

212: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:13:55 ID:JNG
>>210
確かに
目が届かなかったことにするか
神族の少女の誕生は何者かが意図的に行ったことで、試すためにあえて人妖見逃したとか

213: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:14:53 ID:dI8
>>212
そこまでの設定を出すと、結局それを話の中で回収できなくて上っ面の部分だけになっちゃうから
俺のツッコミと同じのくらうだけになりませんかね

214: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:16:00 ID:JNG
>>213
だよね
どうすれば破綻を解消していけるか…

211: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:12:27 ID:dI8
神族と妖怪で人をシェアして支配
人妖は神族と妖怪両方でサーチアンドデストロイ

215: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:16:29 ID:JNG
せめてこの小説内だけでも目立った矛盾は無いようにしたい

217: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:21:54 ID:JNG
この世界観は何年もかけて作っていきたいけど
この小説はなるべく早く完成させたい

矛盾点はぼかして、読者の考察に任せるみたいなのは駄目?

219: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:37:41 ID:dI8
神族とは、元々は超自然的エネルギー(地震とか台風、大寒波や日照りなど)であり、
人の信仰によって『神族』という形を作り、その身の内に超自然的エネルギーを封じている存在

人々の厚い信仰の下に生まれたから、神族は基本的に人に対して好意的

今回の場合は、戦乱から逃れた人達が、山深い山間部をなんとか切り開いて作った村が最初の舞台
せっかく作った村だけど毎年とんでもない吹雪が起きて、
全滅はしないけどその年が不作だったりすると死人が出るくらい厳しい状況になる

その吹雪をおさめるために、長いこと村人は祈りを捧げていて、
その結果生まれたのが今回の主人公の神族少女だった

神族少女が生まれたことで、毎年襲っていた吹雪はおさまり、村人は安心して暮らせるようになる
でも神族少女と面識がないせいで、自分達の信仰の結果神族少女が生まれ、
吹雪がおさまったことを村人は理解していない
そのため、信仰はだんだんと薄れ、村人は吹雪があったことも忘れていってしまう。

そこに現れたのが人妖
こいつは過去の飢饉後の冬間近で口減らしとして売られた子供が
死に物狂いで生き抜きながら、村への憎しみによって人妖へと変貌した存在
復讐を果たすために村を目指していると、自分の生まれた村が吹雪に遭わなくなり
栄えているという噂を耳にするようになる

人妖となったこいつは、それが神族が生まれたことによるものだと気付く
そこで村を滅ぼすために、神族への信仰を完全に奪い去り、再び村を吹雪が襲う地獄へ変えようと画策する

それはおいといて、神族少女は妖怪と出会い、自分の力が弱まっていることを知る
そして、自分が消えては村にまた災害が起こってしまうということで、
なんとか信仰を取り戻そうと村人へのアプローチを考える

で、とりあえず村を見に行こうとなったところで、人妖の存在を知り、逆に自分が妖怪であると襲われる
そして追い詰められ、多くの村人に妖怪認定されたことで信仰が消え去り、封印されていた吹雪の猛威が一部顕現してしまう
トドメを刺して、神族少女の首を手に村人達に自分達が行ったことの愚かさを示そうとしていた人妖がその強大な力だ死ぬ
村人は死に絶える人妖の凶悪な姿を見て、自分達が人妖に騙されていたと気付くけど、吹き荒れる吹雪にどんどん衰弱していく

そこを神族少女に助けられた妖怪が飛び込み、「お前がやりたかったことはこんなことじゃねぇだろ!?」的なこと言って
大好きな村人達が死にそうになっていることを身をもってわからせる

神族少女が消えかける自我の中で必死に自分を繋ぎ留め、
村で神族少女のために祈ってくれている老人たちや子供たちの想いを感じ取り、なんとか自身を取り戻す


勢いで書いたわ
寝る

220: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)01:44:43 ID:T1W
>>219
1だけど気になって覗いたら自分のより面白そうな話が投下された件
おやすみ

232: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:22:50 ID:JNG
取り敢えず>>219は自分が書いたものじゃないから参考にはさせてもらうけどそのまま使うことはない

234: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:25:52 ID:ZY9
>>232
当初の設定が穴だらけだったのは

237: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:28:48 ID:JNG
223あたりからのレスがどっちにたいしてのものなんだろ

>>234
歴史も作ろうとしてたけどかなり難航してる

242: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:34:03 ID:ZY9
>>237
根本的な世界観を思い浮かべれば
常識的な歴史とか浮かんでこないもんかね

243: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:35:27 ID:JNG
>>242
まだ何もかもあやふやだし…

244: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:37:16 ID:2j0
>>243
いや「誕生したばかりの神族の少女」がどのような経緯で誕生したのか

245: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:41:52 ID:JNG
あとはかつて存在した神の力の残滓が世界に漂っていて、色濃く残る場所と人間の信仰心が結びつくと神族生まれるとか
世界観自体決めることを決めるって段階だからむしろ矛盾しか無い状態だな
決めることや矛盾点を洗い出すために小説書こうと決めた面もあるし

>>244
元々信仰が集まってた場所に妖怪の思念やら何やらがうまく重なって誕生したとかにしようかと

247: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:45:01 ID:ZY9
だいぶ>>245に寄って来たね

248: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:47:34 ID:JNG
>>247
神道の自然崇拝を元にしてるから割と一緒

249: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:48:28 ID:ZY9
>>248
最初は全然一緒じゃなかったやん
なんで最初から自分も考えてましたみたいな風に言ってしまうのか

252: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:50:54 ID:JNG
>>249
そう?神道を扱った作品を見てそういう神や妖怪を出そうとして作り始めたのがこの世界観だから
自分の中では最初から同じような感じだった

248: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:47:34 ID:JNG
>>247
神道の自然崇拝を元にしてるから割と一緒

221: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)08:20:28 ID:ZY9
>>1の設定だと、人妖が人、神族、妖怪の全てから狙われる存在になっちゃってるね

223: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)08:37:07 ID:sHT
トドメを刺された少女の残り香かなんかで人妖は死ぬのかな
この構成だと妖怪さん視点で物語書けば良さそうね。ある種の巻き込まれ型主人公

224: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)10:41:10 ID:ZY9
>>223
ハルヒにおけるキョン的主人公ですね

225: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)10:49:23 ID:sHT
>>224
やれやれ系ではないと思うけどw
立ち位置はそんな感じかなって

227: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)10:50:42 ID:ZY9
>>225
まあ、物語の傍観者というか観測者的な感じってこと
性格としては、妖怪役は上条さんみたいなのをイメージしてたわ

229: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)11:11:11 ID:sHT
>>227
情で動くタイプ。このあらすじだと少女に手を貸す理由がないしね

230: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:14:29 ID:ZY9
>>229がどの段階の設定を使うかはわからないけど
最初説明してた『神族が外敵から人間を保護している』設定だと
行き倒れていた妖怪を助けるのはおかしいよね

かといって、『神族と妖怪でマッチポンプして、人間からの信仰と恐怖を得ている』設定だと、途端に胡散臭い話に変わってしまうからなぁ

228: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)10:55:14 ID:ezS
神族への信仰が災害招いてるわけじゃないし
この状況、村人は自ら信仰捨てそうなんだが
神が敵な訳でしょう

238: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:30:31 ID:JNG
マッチポンプは裏設定にしたい

239: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:32:16 ID:2j0
そもそも何で神様生まれたん

241: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:33:22 ID:ZY9
>>239
そこだよね
人の信仰がなきゃ存在出来ないとかいう不安定すぎる存在

243: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:35:27 ID:JNG
>>239
神族のこと?
元々は神がいてそれが派生して神族と妖怪になったって事にしようと考えてる
派生って言っても具体的にどうするかは何も決まってない

246: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:44:21 ID:sHT
ありきたりに言えば、人の願いの結晶なわけでしょ?

248: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)12:47:34 ID:JNG
>>246
多分そうなるの…かな?

265: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:08:15 ID:JNG
txtファイルって更新日時保持したままここに投稿できない?
219以前が最終更新日のファイルに自然崇拝が元でそれが擬人化したってのがわかる文があるんよ

267: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:11:20 ID:sHT
>>265
つか、そこは最初から言ってた

268: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:15:55 ID:JNG
>>267
設定パクって元々自分が考えてたって言ったわけじゃないことが219以前のレスで分かるってこと?

266: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:10:20 ID:2j0
別に大して珍しい設定でもねーだろ

270: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:40:13 ID:JNG
取り敢えずアップローダーを探す必要は無くなったかよかった

ところでこの世界観を作り始めた時に、参考にする作品の設定をそのまま持ってきてる部分があるんよ
作っていく中で世界観に合わせてその設定を変化させて自分のものになるようにしてたんだけど
昨日の質問で思いの外深いところまで質問されて、持ってきたまま弄ってない設定をそのまま発言しちゃった気がする
誤解を招かないよう今のうちに参考にしたり設定持ってきてる作品を明言しといたほうがいい?

272: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:42:28 ID:2j0
>>270
それは人がそうしろと言ったからぶっちゃけるようなモノではない
人に委ねずに自分で決めるべき

271: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:41:55 ID:ZY9
自然崇拝が元で擬人化したってのが漠然としすぎてて
カケラもほかの設定に活かせてなかったってことか

どちらにしろ『元々一緒だし』と言える設定の練り込みには見えない
基礎知識もイメージも足らなすぎる

280: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)13:58:21 ID:JNG
世界観作ろうと思った切っ掛けになってるのは東方Project
ただこれは二次創作から入ってるから公式なのか分からずにごっちゃになってる
後はダークソウルやSkyrimの世界観のうち、特に歴史や神話を参考にしようとしたり
クトゥルフ神話の旧神だったかも参考にしてたと思う

281: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:00:48 ID:sHT
なるほど、だから少女イメージ

282: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:07:24 ID:JNG
なるべく設定だけを参考にしたいけどキャラも割と引っ張られてるなそういや
知ってる人が見れば何を真似たか簡単に分かりそうだな

283: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:11:00 ID:2j0
丸パクじゃなけりゃいいだろ
とりあえず書きたいもん書いて必要なら後で修正してけばいい

284: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:11:46 ID:sHT
東方は二次制作が盛んなだけあって、作品によってイメージが全然違うもんなー
これだけじゃわからんと思う
原作もうちょっとシリアスにした感じかな

今イッチのあらすじ見返してきたけど、おってきた村人、人妖と戦うの?

285: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:13:13 ID:JNG
今あらすじ書き直してるからまずはそれを完成させる

287: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:16:12 ID:sHT
バージョンアップされるわけだな
いいねぇ

291: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:53:07 ID:JNG
木々が重なり合うことで偶然生まれた社、そこに神を見出した人間によってかつては信仰されていたが今では廃れつつある。
傷を負い行き倒れた妖怪はそこで誕生したばかりの神族の少女に出会う。少女はその妖怪を保護し二人での生活が始まった。
相反する性格の二人は、近くの村との関係やそこに訪れた別の神族に関してのことなどで対立することもあったが、その奇妙な生活は不思議と穏やかだった。
しかしある日を境に村で人間が明らかに人外の者によって殺害されるという事件が時折発生するようになる。
少女は一緒に暮らしている妖怪の仕業ではないかと疑い始める。妖怪というのは人間の恐怖を糧に生きる存在だからだ。
だがそれはどうしようもない種族としての性であり、信頼を寄せつつある妖怪を疑うことにも苦悩する日々が続く。
そんな中、村では「社の神族が妖怪を匿っている。連日の事件はその妖怪の仕業だ。」という噂が流れ始めてる。
真偽を確かめるため訪れた村を訪れていた神族と村人により妖怪が見つかってしまう。
妖怪の無実を主張したい少女だが未だ妖怪のことを疑い苦悩しているためかその決断をする勇気が無かった。
そうこうしているうちに少女も妖怪だと思われやむを得ず逃げることに。
妖怪の咄嗟の機転により窮地を脱したが、村人に妖怪だと思われたため信仰が失われつつあり消滅の危機が迫る。
妖怪の提案で別の村に向かうことになるが、妖怪への不信感を拭いきれないためか些細な争いやすれ違いが増え、結果的に二人は別行動をすることになる。
信仰が失われた影響で人間の少女ほどの力しかない神族の少女は、そう時を置かずして追手の村人と神族に追いつかれてしまう。
あわや絶体絶命のピンチというところで別行動をしていたはずの妖怪が助けに入る。
妖怪と追手の神族、ついでに村人による壮絶な戦いが繰り広げられるが軍配は妖怪に上がる。
妖怪が神族にとどめを刺すその刹那、神族の姿が変わっていく。何と正体は神族に化けた人妖だったのだ。
自分の欲を満たすために神族に化け、更には二人を追った人妖と妖怪の戦いだが、今度は人妖に軍配が上がってしまう。
妖怪は倒れ、正体を知ったものは生かしておけぬと村人に人妖が襲いかかろうとした所、神族の少女に本来あるはずのない力が発現する。
その力により人妖を倒した少女は村の守護神として手厚く祀り上げられ、その影には妖怪の姿もあった。

295: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:08:24 ID:2j0
>>291
この神族の少女の「誕生したばかり」って設定重要なん?
「本来あるはずのない力」みたいなのはもう一ひねりないとご都合主義になるな
妖怪の役割が「疑いをかけられる」「窮地に助けに来る」だけだと
結局コイツが居なければ何事もなく平穏だったよねって思ってしまう
終盤の戦いの中で人妖という概念が急に出て来るが何か作中で臭わせておかないとこれも唐突な印象

300: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:19:02 ID:sHT
>>295
ん、廃れてるのに最近生まれたってのもおかしな話か

299: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:18:35 ID:JNG
>>295
誕生したばかりなのも一応理由つけようとしたけど話が間延びする気がして省略したままだった
本来あるはずのない力を持ってる理由付けもそこで説明する予定だったのに忘れてたから修正する
その説明に妖怪の役割もあるんだった
人妖は村人が殺害される事件あたりで存在を匂わせようかと

304: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:47:40 ID:ZY9
>>291
妖怪と神族が絶対相容れない存在なのに
それを助けて共同生活するという流れが不自然すぎる

296: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:09:08 ID:sHT
仲違いは窮地を脱してすぐじゃないかな。村人に強く言えなかった事で、妖怪に疑ってたことがバレるとかで

>>295
確かに力を入れる理由が何か欲しいんよね

299: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:18:35 ID:JNG
>>296
確かにそっちのほうが自然かな

292: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)14:54:02 ID:JNG
ちょと余計な文章入れすぎたか?

298: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:10:31 ID:sHT
人妖だとバレる、もしくは怪しいと思わせる演出入れておけばいい
2人が別れたあと、少女が気づくとか

299: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:18:35 ID:JNG
>>298
人妖の正体に気がついて別行動してたはずの妖怪が助けに来たってしておけば自然でいいかな?


肝心な事をすっかり書き忘れてた

301: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:21:20 ID:JNG
書いてなかった部分が物語の序盤に魔王が登場する場面みたいなものだから
話がすっぱり終わらない気もするんだよなぁ
取り敢えず書いてから考えるか

302: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:26:23 ID:2j0
神と妖怪の間にマッチポンプ協定があるとかの裏設定があるのだとしても
種族の性として人を恐怖させ時には殺害する事もある妖怪を神が匿うというのは
読者としては「当然想定出来たリスクだろうに何勝手に疑いもって悩んでんの?」って思いかねないよ

矛盾や疑問を孕んだまま勢いで書く手法で成功することもあるだろうけど
一応読んでて感じたツッコミどころは言いたくなる

303: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:30:41 ID:MEv
TRPGをプレイしてそれをキャラクター目線の日記にしてみろ
あとはそれを応用して自分で設定考えるだけだ

305: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:53:18 ID:ZY9
設定を詰めるより、プロットが出来ているならまず小説を書いた方がいいかもしれん

そもそも>>1が書きたいものが、壮大な裏設定に裏付けされた物語ではなく
可愛い神族少女と異形の妖怪との種族を越えた交流とか
もしくは誰かを信じることの大切さを描くのが目的とか
あるいは設定はなあなあでもキャラの掛け合いや魅力が書きたいとか
そういうものかもしれないし

306: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)15:55:31 ID:Qsg
色々話して楽しいだろうけど結局書くしかないと思うよ

307: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:06:16 ID:MEv
確かに、創作技法の話やプロットの話で盛り上がると肝心の「書く」という作業が
置き去りになっちゃうのはよくある話だな
とりあえずエタっても良いから何か書き出してどこかに投稿した方が遥かに力がつく
矛盾とか変な設定とか「ありえない流れ」とか全部棚上げして書くのが良い
そういうのは完成させる力を付けてから気にするもんだ

308: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:20:27 ID:ZY9
設定が穴だらけでも面白い作品はたくさんあるからね
キン肉マンとか

309: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:23:50 ID:JNG
一応質問に答えられそうなのが書けたけどかなり長いしくどくなった
なるべく簡潔に書くと
神族の少女は人為的に産み出された
不完全ながら神族と妖怪の両方の性質を持つ
だから妖怪も助けようとする
人妖は少女の力を試すための当て馬的な

312: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:36:38 ID:2j0
>>309 なるほど分からん

313: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:39:02 ID:JNG
>>312
正直自分もよく分かってない
もっと分かりやすく簡潔に練り直そうと考えてる

文章増やしすぎて自分でもややこしくなってきたからもっと骨組みだけに書き直す

314: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:42:44 ID:ZY9
>>309
書けたならなろうとかに投稿した方がいいよ
こんな狭いところで良い悪い言われるよりずっとわかりやすい結果が出る

315: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:43:24 ID:JNG
>>314
書けたと言ってもあらすじね

318: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:47:27 ID:ZY9
>>315
なら、もう小説書き始めた方が良いと思う

320: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:48:35 ID:JNG
>>318
自分がストーリー把握できなくなりつつあるからもうちょっとまとめておきたい

322: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:52:21 ID:ZY9
>>320
書いてみると考えてたプロットと違う展開になることって結構あると思うんだよ
大筋が出来ているならまず書いてみるべき

323: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:53:27 ID:JNG
>>322
もうちょいで書けるからそしたらね

310: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:26:24 ID:JNG
設定は最小限にして小説の完成を優先させたいんだけど、決めるべきことと必要ないことのボーダーラインがいまいち分からないだよなぁ

312: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:36:38 ID:2j0
>>310 もう書けんじゃね

311: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:35:58 ID:MEv
プロ作家でも、「ヒロインが登場シーンまで名前決めてなかった」
「そういえばこいつの名字なんだっけ……とか思いながら書いてる」という人も居る

316: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:44:22 ID:ZY9
>>311
登場人物の苗字とかフルネームは俺も忘れるわ

ってか、結構なろうで投稿してる人気書籍化作家さんも
過去に出したキャラ設定ど忘れしてて、
読者から感想で指摘されるとかよう見かける

324: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:54:41 ID:YAm
なろうに投稿するの?

326: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:55:14 ID:JNG
>>324
その予定

327: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:55:37 ID:ZY9
>>324
なろうが一番良さそうだけど
俺らに見せる意味でもなろうに投稿した方が読みやすそう

332: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:57:51 ID:JNG
生まれたばかりの神族の少女は妖怪と共に暮らしている。
村との関係やそこを最近訪れた神族について対立もあるが平和にすごす
しかしある日を境に村で事件が起き、少女は一緒に暮らす妖怪の仕業ではないかと葛藤する。
そして事件を切っ掛けに信仰が失われ、村人や神族に追われることに。
急いで信仰を取り戻さなければ消滅してしまう。
だが追手に追いつかれてしまう。
あわやというところで事件の犯人に気がついた妖怪が助けに入る。
何と村での事件の犯人は神族に化けた人妖だった。
己の自尊心を満たすために事件を起こし挙げ句に二人を追ったのだ。
戦闘の末妖怪はピンチに陥り、少女に秘められた力が発現する。
本当の敵を倒した事で村人に受け入れられ信仰を取り戻す。(終)

337: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:01:10 ID:YAm
>>332
これなろうに書く予定のあらすじ?

342: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:04:24 ID:JNG
>>337
多分プロット
あらすじドットコムってサイトでは仮筋って読んでたけどいまいち違いが分からない

344: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:05:44 ID:YAm
>>342
作品の後に生まれるプロットもなければ作品の前に生まれるあらすじもない
それだけの違いだよ

345: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:07:56 ID:JNG
取り敢えず頭から書いていくか

>>344
つまりどういうこと

347: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:09:57 ID:YAm
>>345
プロットは設計図であらすじは見取り図ってこと

348: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:11:18 ID:JNG

335: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)16:58:46 ID:JNG
極力簡潔にした
これに特別目立つ破綻が見当たらなければ執筆始めても問題ないかな?

338: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:01:28 ID:2j0
>>335
既に指摘した点と同じ部分でひっかかるんだけど
もうそこはお前の中では説明つく感じなんだろ?
ならOKだよ

339: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:03:00 ID:JNG
>>338
あんまつかないけど
きりがないから桃太郎がなんで桃から生まれたのかってのと同じようなものと考えるようにした

341: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:04:13 ID:MEv
>>339
そうそう、それで良い
とにかく書き始めることが大事だ

343: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:04:40 ID:JNG
んじゃ書くぞおお
…何から書けばいいんだろ

346: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:08:12 ID:MEv
>>343のプロットに従うなら、
「主人公が平和に過ごしてるシーンから事件が起きるまで」あたりが
起承転結の起じゃね
だから主人公の平和の日常を描いてみたら?
たとえば朝起きて夜眠るまでとか

351: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:15:12 ID:MEv
設計図だろうと見取り図だろうと、一回書いてみないと
自分にとって必要かどうかなんてわからん
始めて自転車乗るのと同じだ、とりあえず書こうぜ
そんなの「あ、やっぱ必要だわ」と思ったタイミングで用意すれば良いんだよ

352: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:15:55 ID:YAm
>>351
至言

358: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:40:46 ID:ZY9
>>351
その通り
どんだけ理屈捏ねても机上の空論になる
まあ小説書くのも机上だがな!

353: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:31:09 ID:JNG
むっず

354: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:38:33 ID:Qsg
書くの初めて?

355: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:39:47 ID:JNG
>>354
初めて

357: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:40:13 ID:Qsg
>>355
難しい題材選んだねえ…

359: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:41:26 ID:JNG
>>357
題材関係なく普通に苦戦してる

360: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:43:03 ID:ZY9
>>359
とりあえず書いてみ
設定とか関係なく苦戦するって当たり前よ

361: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:44:49 ID:Qsg
>>359
題材とは関係ないところで苦戦ってどこで苦戦してるの?

362: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:45:13 ID:JNG
>>361
書くことそのものに

363: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:46:15 ID:Qsg
>>362
具体的に
まあ書き出しで詰まってるんだろうけどそれって当たり前じゃんこれだったら

364: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:47:12 ID:ZY9
>>362
とにかく思うがままに文章を連ねてみろ
悩むのは後だ

365: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:48:05 ID:IVZ
まずひとつ、短いのでいいから1本きちんと書ききることだよね

367: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)17:50:39 ID:Qsg
>生まれたばかりの神族の少女は妖怪と共に暮らしている。
>村との関係やそこを最近訪れた神族について対立もあるが平和にすごす

まずここから何を書くかの指針がないじゃん?
人称もどちらを取るのかから考えないといけないし

368: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)18:09:16 ID:ZY9
まあ、誰が主人公なのか曖昧な部分はあるな
多分神族の少女だろうとは思ってるけど
妖怪が主人公でもいけそう

369: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)18:11:21 ID:JNG
現在600文字ほど
何とかできるとこまでは書くつもり
取り敢えず三人称で書いてる

371: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)18:14:38 ID:ZY9
>>369
三人称視点でも主人公はいるでしょ

374: 名無しさん@おーぷん 2018/08/09(木)18:58:27 ID:dI8
おー、書き始めたんか
頑張れー

381: 名無しさん@おーぷん 2018/08/11(土)14:58:35 ID:8CI
こだわらないで思い浮かぶままに文章を書き綴った方がいいと思う

384: 名無しさん@おーぷん 2018/08/11(土)17:09:46 ID:rwl
>>381
そうするとかなり稚拙になるんだよなぁ
書くだけ書いて後でまとめて修正するのもありか



2chまとめブログの人気ランキング
2018/8/15 20:00

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
【画像】俺の下手な絵でなんのキャラクターか当てるスレ【画像】俺の下手な絵でなんのキャラクターか当てるスレ2