アンテナRSS最新情報

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/19(金)01:12:29 ID:???
日本外務省=数次ビザ適用15日から=伯人観光客の増加狙い

2015年6月9日

 将来の査証免除に向け進展があった。日本外務省は5日、サイトでブラジル国内に
居住するブラジル国民(一般旅券所持者)に対する、短期滞在数次ビザの発給を
開始することを決定した。今月15日から適用される。
 渡航目的が観光など、短期滞在に該当する者が対象となる。
滞在期間は15日または30日で、有効期間は最大3年。その間なら何度も入出国が可能となる。

続き ニッケイ新聞 
http://www.nikkeyshimbun.jp/2015/150609-74colonia.html


短期滞在数次ビザ発給を決定 日本外務省、15日から実施 15/06/08(11:03)

(略) 同査証の手数料は133レアルで、今月15日から申請を受け付ける。
申請から交付までの日数は、通常であれば、一般の短期滞在査証と同様の2営業日程度となる見込み。

 短期滞在で訪日したブラジル人の数は、東日本大震災の影響、コリンチャンスの
FIFAクラブワールドカップ出場などで増減があったものの、2010年の
約1万7500人から13年は約2万3000人、14年は約2万8000人と増加傾向にある。

 これまでは難しかった船での世界一周途上の訪日といったケースへの対応も可能になる。
サンパウロ総領事館査証班の鈴木俊哉領事は、「日本との取引の多いブラジル企業の方が
行きやすくなるなど、ビジネス関係で使いやすくなるのでは」と語った。

全文 サンパウロ新聞
http://www.saopauloshimbun.com/index.php/conteudo/show/id/21764/cat/105

関連
【事件】盗んだ車を解体し部品を海外に密輸 無職のナカガワ・ロドリゴ・キヨシ容疑者らブラジル国籍の男3人逮捕 [H27/6/3]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1433338656/
【コラム】「ブラジルに帰れ」の声に対し、開き直る事も覚えたと日系ブラジル人「老人を安易に施設に預ける日本人の風潮は情けない」 [H27/5/27]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1432733477/
【コラム】不景気のブラジルで出稼ぎブーム再開の兆し 今度は肉体労働者でなく永住したくなるように日系ブラジル人を厚遇したら?とニッケイ新聞 [H27/5/20]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1432090591/
【社会】「フィリピンにいる父母を日本に呼びたい」外国籍住民の質問やビザ取得等…日系ブラジル人が理事の組織が勉強会 長野 [H27/6/10]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1433946556/
【社会】鹿児島の離島移住で「牛1頭」「50万円」プレゼントが“地球規模”で話題沸騰 ブラジルやセルビアなどから問い合わせ殺到…村は困惑?受け付け中止 [H27/6/9]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1433821446/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/32

続きを読む
2015/6/23 00:30 コメント(0)

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/22(月)16:17:58 ID:???
アメリカ 中国が恩を返す気ないと気づき軍事衝突危機高まる

 中国が南沙諸島で滑走路を建設し始めたことにより、米中のさや当てが激しくなりつつある。
太平洋の覇権をめぐり、大きな影響を与えるからだ。接近と対立を繰り返す米中関係を落合信彦氏が解説する。

 アメリカはこれまで、中国と付き合って得たものなど何もない。過去の歴史を振り返っても、
米中の接近で得をしてきたのは常に中国なのだ。

 米ソの対立が激化していた1972年、ソ連のKGBエージェントたちはアメリカ国務省やCIAのパーティーで、
ことあるごとにソ連が北京に原爆を落とすという話をまき散らした。
「もし落としたら、あなた方はどういうふうに反応する?」と聞いて回ったのだ。

 それに対し、国家安全保障担当補佐官だったキッシンジャーは政府関係者に
「絶対に答えるな、話題にもするな」とのお触れを出した。
そして、対ソ戦略のために中国にニクソン大統領を送り込んだのだ。

 だが、これは結果的に失敗だった。このニクソン訪中によって得をしたのは、中国だけだった。
中国はこれによって「上海コミュニケ」、つまり「中国は一つで台湾はその一部」という立場にアメリカのお墨付きを得た。

 さらに、周恩来が「ソ連を止めてくれ」と泣きついたため、ニクソンはいい気になってその年の6月、
モスクワに飛び、ブレジネフを説得して中国との関係改善を促した。このときのアメリカの対応が
中国の台頭を許す結果になってしまったことは、現在の中国の増長ぶりを見れば明らかだ。

続き Yahoo!ニュース/NEWS ポストセブン 6月21日(日)16時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150621-00000015-pseven-int

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/266

続きを読む
2015/6/22 23:30 コメント(0)

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/20(土)09:31:55 ID:???
「ブラックホールは害がない」と米科学者が発見―全てを飲み込む宇宙の溝ではなく、ホログラムをつくるコピー機とは?
Jun 19, 2015 06:05 PM JST

新たな研究で、ブラックホールは世間の人や一部の専門家に考えられているような
危険なゾーンではないということが明らかになった。この宇宙物質の厄介な評判は、
科学者グループによって行われた最新の調査で科学的に否定された。

オハイオ州立大学のサミル・マートゥル教授が率いる研究は、過去の科学者らによって
作られたファイアウォール理論は完全に正確ではないと訴える。
ファイアウォール理論では、ブラックホールはある種のコーティングに包まれて
接触したあらゆるのものを粉砕すると考えられている。

それに反して、マートゥル教授が主張するファズボール理論やストリング理論によれば、
ブラックホールは複雑な宇宙ひものボールであるという。
マートゥル教授の研究チームはファイアウォール理論に与しない研究者らとファズボール理論の
研究を行ったところ、彼らとは全く異なる研究結果に辿り着いたという。arXivに掲載された
研究レポートによると、マートゥル教授ら研究チームは、ブラックホールは接触したどんなものも
傷つけることはなく、代わりにホログラムを創り出す害のないコピー機として
機能していると訴える。ホログラムはある物体をほぼ完全に複製する。

続き TECH TIMES Japan
http://jp.mobilenapps.com/articles/9152/20150619/black-holes.htm

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/128

続きを読む
2015/6/22 23:00 コメント(0)

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/22(月)07:23:09 ID:???
 【ベルリン共同】ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーが1904~22年に
描いたとされる水彩画など14点が20日、南部ニュルンベルクで競売にかけられ、
中国やブラジル、アラブ首長国連邦などの収集家が計約39万ユーロ(約5400万円)
で落札した。DPA通信が伝えた。

 最も高い値が付いたのは、南部バイエルン州のノイシュバンシュタイン城を描いた作品で、落札価格は10万ユーロ。

続き 共同通信
http://www.47news.jp/CN/201506/CN2015062101001091.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/247

続きを読む
2015/6/22 22:00 コメント(0)

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/22(月)19:14:27 ID:???
 海上保安庁は22日、活発な噴火が続く小笠原諸島・西之島(東京)について、
18日現在の面積は、先月20日の前回計測時より約13ヘクタール広い
約271ヘクタールに拡大したと発表した。噴火前の西之島の約12倍で、
東京ドーム約58個分に当たる。

 海保によると、北側斜面に開いている溶岩の流出口から、
二酸化硫黄を多く含むことを示す青色がかった火山ガスが放出されているのが確認されたという。

 二酸化硫黄の放出は地下のマグマが地表近くまで上昇していることを示している。
さらに流出口では、噴き出した溶岩が堆積してできた「ホルニト」と呼ばれる
円錐(えんすい)状の塚が形成されているのを確認。
海保は「マグマの供給量が増えている可能性がある。火山活動が活発な状態は続くのではないか」
と話している。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/life/news/150622/lif1506220028-n1.html

続きを読む
2015/6/22 21:00 コメント(0)

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/22(月)14:50:17 ID:???
米、MERS防止策検討 韓国を渡航警戒区域に

 【ワシントン=川合智之】韓国で中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)感染が
広がっているのを受け、米国は感染拡大防止策の本格的な検討に入った。
韓国を渡航警戒地域に指定したほか、発熱などの症状が出た渡航者に警戒するよう
医療関係者に呼びかけた。ワクチン開発ではエボラ出血熱と同様に、
安全保障の観点から政府が新薬やワクチン開発を支える。

続き 日経新聞・会員記事
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H25_S5A620C1EAF000/

続きを読む
2015/6/22 20:27 コメント(0)

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/22(月)14:05:52 ID:???
21日放送の「たかじんのそこまで言って委員会NP」(読売テレビ)で、
東海大学准教授の金慶珠(キム・キョンジュ)氏が、日韓基本条約締結後に
日本が韓国に送った援助金を軽視するような発言をし、スタジオが騒然となる一幕があった。

この日は「韓国はなぜ反日なのか? 徹底検証スペシャル」と題し、
出演者たちが日韓問題について議論を交わす中、日韓国交正常化にテーマが移った。

日韓両国は国交正常化に向けた会談を1951年から断続的に行っており、
1965年には日韓基本条約を締結している。このときに結ばれた「日韓基本条約の付随協約」に従い、
日本は韓国に対し、有償無償合わせて8億ドルを援助したのだ。

ところが、金氏は、8億ドルという金額に対する見方が日韓両国で異なることを指摘した。
日本にとっては「経済援助」である8億ドルが、韓国にとっては「請求権の結果」であるという。

そもそも、「日韓基本条約の付随協約」の正式名称は、
「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」
といい、請求権も当然に含まれているというのが韓国の見方らしい。

金氏は、援助額の大きさに対する解釈が日韓両国で違うと告げた上で、
「日本にとってみれば非常に大金だけれども、韓国にしてみればそもそも試算した額の半分以下である」
とコメントした。

また、金氏は、日韓基本条約締結と同時期に、米国からも莫大な援助があったことも指摘する。
韓国軍は1965年にベトナム戦争へ参戦しており、その見返りとして米国から韓国へ多額の援助金が入ったのだという。

金氏は「実は、韓国の経済発展の虎の子は、より直接的には、ベトナム戦争の際にアメリカから8年間入ったお金、
そのケタ違いの現金なんですね」と断言してみせた。

金氏の発言に他の出演者が反応し、激しい言い争いが続く中、評論家の志方俊之氏が
「ここでいくら言っても、この番組の品位が下がるだけですよ!」と割って入り、何とか事を収めていた。

トピックニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/10257380/

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/256

続きを読む
2015/6/22 19:02 コメント(0)

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/21(日)14:28:30 ID:???
(CNN) エジプト北西部サッカラにある古代の地下墓地に、
ミイラ化した犬などの動物約800万匹の死骸が埋められているとの研究結果を、
英カーディフ大学のチームがこのほど発表した。

古代エジプトでは、死をつかさどるアヌビス神と死者との間を犬が仲介すると
信じられていた。アヌビス神は半人半獣の姿で犬の頭を持つ。
サッカラの地下墓地の起源は紀元前750~30年ごろにさかのぼるとされ、
その存在は19世紀から知られていたが、これまでの研究は主に墓地の外に建つ
神殿が対象だった。

カーディフ大学のポール・ニコルソン氏が率いるチームは、エジプト政府や
米ナショナル・ジオグラフィック協会の援助を受けて、2009年ごろから
墓地内部の調査を開始。このほど考古学誌アンティクイティの最新号に成果を発表した。

続き CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35066234.html
http://www.cnn.co.jp/fringe/35066234-2.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/217

続きを読む
2015/6/21 23:00 コメント(0)

1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/18(木)23:14:51 ID:???
2015年6月18日、中国のポータルサイト捜狐に、「あなたが知らない日本の10大風習」と題する記事が掲載された。

記事では、日本について「美しく、人々を魅了する国だが、
日本の伝統文化についてよく知っている人は少ない」とし、
日本の“驚くべき”習慣や現象について紹介している。

1.馬の生肉を食べる
多くの中国人がビックリするだろうが、日本では「馬刺し」を出す店が少なくない。
馬肉はたんぱく質やリノール酸を多く含み、豚肉や牛肉よりヘルシー。大腸菌も少ない。

2.年平均1500回の地震が起きる
数は多いが、ほとんどが小さいもので、生活に大きな影響はない。
しかし周知の通り、数十年に一度の巨大地震で多くの人が犠牲になっている。

3.街は自販機だらけ
日本人は自動販売機が大好きで、全国には500万台以上が設置されている。
世界の国々の自販機では、菓子や飲料などが売られることが多いが、
日本では生卵、コメ、生花、傘、アダルト用品など、さまざまなものが売られている。

4.めん類を食べるときは音を出す
西洋では、めんやスープを食べるときに音をたてることはマナー違反とされる。
では、なぜ日本人は熱いスープやめんを食べるときにブタのような音を出すのか。
日本人にとって、めんなどを食べるときに音をたてることは、
食べ物や店に対する賛美であり、おいしさを表す行為なのだ。

5.野球が人気
日本の国技は相撲であるが、野球は国民的なスポーツだ。
プロリーグが存在するだけでなく、高校や大学でも盛んに行われている。

続き Yahoo!ニュース/Record China 6月18日(木)21時50分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150618-00000078-rcdc-cn

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 22◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1434619627/21

続きを読む
2015/6/21 23:00 コメント(0)
 hspace=
1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/06/21(日)18:26:29 ID:???
 世界に対する理解をさらなる高みに引き上げた科学だが、未だに解けない謎も存在する。研究が進めば進むほど、不思議と謎に包まれる生命の神秘。ここでは生命に関しての10の謎を見ていくことにしよう。

○10. 牛が食事のとき必ず北か南を向く謎

 牛の衛星写真から数千年も見過ごされていた事実が判明した。牛は食事のときと
休憩のときは必ず地球の磁極、すなわち北か南を向くのだ。これは風などの要因と
は無関係で、その理由はよく分かっていない。
 一部の動物は体内にコンパスを有することで知られているが、大型哺乳類において これが確認されたのは初めてのことだ。(中略)

○9. 海から陸に上がった哺乳類が再び海へ帰った理由

 海洋生物が海から出て、手足を発達させ陸上を闊歩するようになったことはご存知
だろう。陸には進化に理想的な手つかずの資源が大量にあったことを考えれば、それ
も理に適っている。だが、クジラやアザラシの直接の祖先など、一部の動物が水の中
に戻った理由は不明だ。(中略)

○8. なぜ植物は強力な麻薬物質を作り出すのか?アルカロイドの謎

 植物はしばしば、口にした動物に作用する実にクールな物質を作り出す。それは
アルカロイドという植物や動物において産生される物質の総称で、モルヒネもその
一種だ。植物からはおよそ7000種のアルカロイドが確認されており、盛んに研究さ
れてきたにもかかわらず、なぜ作られるのかよく分かっていない。(中略)

○7. 顕花植物が地球を支配、チャールズ・ダーウィンが頭を悩ませた「不愉快な理由」

 被子植物に属する顕花植物(花をつける植物)であるが、ご存知の通り、どこでも
目にすることができる。だが、こうしたことは必ずしも当たり前のことではなかった。
顕花植物があっという間に他の植物を圧倒したのは約4億年前のことである。そして、
その結果、今日の植物の90パーセントを占めるまでになった。(中略)

○6. 赤道付近が多様性に富む理由

 寒い地域から赤道に向かって移動すれば、種の多様性が増すことに気がつくだろう。
プロイセンの冒険家アレクサンダー・フォン・フンボルトがこのことに思い至ったの
は、およそ200年前のことだ。自然の生命のみならず、人間の文化も、病気もより多様
で活力を呈するようになる。アフリカや南米で危険なウイルスが大流行したというニュ
ースが流れることがあるが、それは途上国の衛生状態がよくないということだけが理由
ではない。病気を引き起こすウイルスや細菌が、南国ではより活発で多様性に富んでい
ることも原因なのだ。(中略)

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
karapaia 6月20日付け
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52194442.html

続きを読む
2015/6/21 22:00 コメント(0)