オバマ

2016年04月29日

【国際】中韓「絶対拒否」のオバマ氏広島訪問…理由は「日本が韓国・中国から許しを受けていないから」


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/04/27(水)20:14:13 ID:???
【世界からみるWEST】
中韓「絶対拒否」のオバマ氏広島訪問…理由は「日本が韓国・中国から許しを受けていないから」

 5月26、27両日に開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)にあわせてオバマ米大統領が
被爆地の広島を訪問するかに注目が集まるなか、中国と韓国のメディアが神経をとがらせている。
両国メディアの主な論調は先の大戦における「日本の責任追及」がなおざりになってしまうのではないかという趣旨だ。
しかし、オバマ氏の広島訪問が実現すれば、日米和解の象徴となってしまいかねないとの判断が加わり、
視線を注いでいる背景もあるようだ。

続き 産経WEST 全5ページ
http://www.sankei.com/west/news/160506/wst1605060002-n1.html

続きを読む

azsok at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年11月19日

【米国】米政府、34州に難民受け入れ要請 オバマ氏「ヒステリー」と批判


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/11/18(水)13:47:56 ID:???
【11月18日 AFP】米ホワイトハウス(White House)のデニス・マクドノー(Denis McDonough)
主席補佐官と米政府高官らは18日、全米34州の州知事に対し、中東からの難民の受け入れを
妨げる措置を控えるよう要請した。

(略)

 一方、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領も、シリア難民がもたらす安全保障上の
危険性についての「ヒステリー」が米国内で広がっていると批判。
「(反対派は)夫を亡くした女性や孤児が米国に入ってくることを恐れているようだ」と述べた。(c)AFP

全文 AFPBB
http://www.afpbb.com/articles/-/3067120?act=all


米国:30以上の州「難民拒否」 受け入れ計画に暗雲

 【ワシントン西田進一郎、及川正也】パリ同時多発テロを受け、米共和党のライアン下院議長は17日、
オバマ政権が進めるシリア難民の受け入れ拡大計画を一時停止させる法案を近く下院に
提出する考えを明らかにした。全米の半数を超える30以上の州知事もシリア難民受け入れに反対の意向を表明した。
政権側は、テロリストの流入を許さないために厳格な難民審査が行われていると強調し、反対論を沈静化させようと躍起になっている。

(略)

米政権高官も17日、シリア難民受け入れについて「とても厳しい審査基準を運用している」と強調し、
受け入れに反対している連邦議員や州知事への説得工作を強める意向を示した。

 電話会見した高官によると、シリア難民の審査では従来の人定調査や指紋調査などに加え、
詳細な面接を実施。特別な訓練を受けた専門官が面接を行い、米政府内の機密情報を駆使して証言の事実関係を照合している。

 高官は、認可率は「50%強」で、「半分が子供、4分の1が60歳超で、
戦闘ができる年齢の独り身の男性は2%」だと強調した。

以下略 全文 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20151118k0000e030208000c.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 32◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447275009/236-237

続きを読む

azsok at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年10月14日

【軍事】米軍、中国「人工島」駆逐作戦決行へ すでに水面下で熾烈な戦いも


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/10/14(水)12:43:06 ID:???
【スクープ最前線】米軍、中国「人工島」駆逐作戦決行へ すでに水面下で熾烈な戦いも (1/3ページ)
2015.10.14

 米国と中国の軍事的緊張が高まっている。習近平国家主席率いる中国が、国際法を無視した
「南シナ海の領海化」を止めないため、オバマ政権は近く、海軍艦艇を中国の人工島の
12カイリ(約22キロ)内で航行させる方針を固めたのだ。
自由と民主主義を掲げる米国の激しい憤りと、共産党独裁国家による米情報機関潰し、
驚くべき対日工作とは。ジャーナリストの加賀孝英氏が核心に迫った。

 「中国はウソつき国家だ。世界の秩序を乱している。そんな無法国家を米国も世界も絶対に許さない」

 旧知の米軍関係者は怒りに満ちた顔でそういった。

 米海軍専門紙「ネイビー・タイムズ」が8日報じたように、同海軍は、南シナ海に艦艇群を派遣して
中国の横暴を打ち砕く「フリーダム・オブ・ナビゲーション(航行自由)作戦」の準備を終えた。

 オバマ大統領の承認を待っており、近く決行命令が下される予定だ。

 改めて説明するが、中国は現在、南シナ海のほぼ全域を囲む9つの線からなる「九段線」(赤い舌)を引き、
国際法を無視して南シナ海の大部分を「自国の領海だ」と主張。周辺国を力で恫喝し、
複数の岩礁を埋め立てて軍事基地化を進めている。常軌を逸した暴挙というしかない。

 米海軍の作戦は、その航行で「南シナ海は中国の領海ではない」「誰もが航行できる天下の公海だ」
と実力で中国に認めさせるものだ。

 これに対し、中国外務省の華春瑩副報道局長は9日、
「中国の領海や領空を侵犯することは絶対に許さない」と猛反発している。

続き ZAKZAK 全3ページ
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151014/frn1510141140001-n1.htm

続きを読む

azsok at 23:00|PermalinkComments(0)

2015年09月22日

【米国】爆弾?自作時計を勘違いされ逮捕 イスラム教徒の米少年


1: ◆sRJYpneS5Y 2015/09/20(日)18:43:48 ID:???
 米テキサス州に住む14歳のイスラム教徒の少年が、
自作のデジタル時計を高校に持って行ったところ、
爆弾と勘違いされて逮捕される事件が起きた。
学校側は「生徒の安全を守るためだった」と釈明しているが、
批判は続いており、オバマ大統領も少年をホワイトハウスに
招待する意向を示す事態に発展している。

 地元メディアによると、逮捕されたのはスーダン出身で、
同州アーバインに住むアーメッド・モハメド君。工作や発明が趣味で、
中学ではロボット部に所属していたモハメド君は、
9月に入学したばかりの高校でも得意分野を先生に見せようと
自宅でデジタル時計を作り、14日に持って登校した。

(略)

 話題が米国に広がるなか、オバマ氏も17日、
「かっこいい時計だね。ホワイトハウスに持ってこない?」とツイッターに投稿。
モハメド君をホワイトハウスに招待する意向を示した。(ロサンゼルス=中井大助)

全文 朝日新聞 ↓画像あり
http://www.asahi.com/articles/ASH9K2C1RH9KUHBI008.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 29◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1442573012/22

続きを読む

azsok at 00:00|PermalinkComments(0)