人工知能

2017年12月17日

みんな将来AIに人間が支配される事を心配してるけど何が問題なの?

1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/10(日)16:46:21 ID:Snu
今までの人間だって危険だっただろ
むしろ世界がAIに支配されて人間の独裁者とか消えた方が人間にとってよくない?

続きを読む

azsok at 20:00|PermalinkComments(0)

2016年05月15日

【教育】プログラミング教育 小学校での必修化 検討始まる


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/05/13(金)19:21:47 ID:???
(略)

プログラミング教育については、AI=人工知能などを駆使した「第4次産業革命」の実現に向けて、
人材育成を強化する必要があるとして、政府が今月まとめる新たな成長戦略に小学校での必修化を盛り込む方針です。

13日から始まった文部科学省の有識者会議には、情報教育の専門家やIT企業の担当者など16人の委員が出席し、
小学校でプログラミング教育を必修化した場合の課題や授業の内容などについて意見を交わしました。
委員からは「専門性の高い授業は高校生からで十分なので、小学校では楽しみながらコンピューターに
慣れ親しむ内容にすべきだ」といった意見や、「ほとんどの小学校教員はプログラミング教育の経験がないため、
研修体制の構築が必要だ」という指摘が出ていました。

有識者会議では来月中に意見を取りまとめ、中教審=中央教育審議会で進められている
学習指導要領の改訂の議論に反映させることにしています。

続き NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160513/k10010519901000.html

続きを読む

azsok at 18:00|PermalinkComments(0)

2015年08月26日

【IT】コンピュータに世界が征服される時――『人工知能 人類最悪にして最後の発明』


1: トラネコ◆EDwr815iMY 2015/08/21(金)20:04:47 ID:1eb
文藝春秋WEB
コンピュータに世界が征服される時―― 『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (ジェイムズ・バラット 著/水谷淳 訳)
山内 昌之,片山 杜秀,成毛 眞
ダイヤモンド社 2000円+税

成毛 本書は、人工知能が進化していく中で、これまで人類が支配していた科学技術が人工知能に奪い取られる時が訪れる可能性を指摘し、人類の滅亡まで考えるべきであると警鐘を鳴らしています。
現時点では一種の「予言の書」でしかありませんが、本書で指摘されている通り、電子マネー『PayPal』の創業者、イーロン・マスクら数多くの先端技術に精通した人物が人工知能を危険視し始めているのも事実です。
私も本書の指摘は大体当たるだろうと思っています。早く手を打たないと、自分が生きている間に人類が滅亡する確率はゼロではないという気がします。

山内 国際政治学や歴史学を研究する立場からみると、人工知能の最先端と安全保障の関係について議論されている点が興味深いですね。

 現在、中国の人民解放軍はアメリカや日本をハッキングで内偵しており、北朝鮮でもハッカーの英才教育が行われている。
米国防総省元副長官、ウィリアム・J・リン三世の「ビットとバイトはブレット(銃弾)とボム(爆弾)と同じくらい危険」という言葉が象徴しているように、もはや陸軍、海軍、空軍の次に「サイバー」が加わる時代なのです。

 本書では「密結合」という言葉で表現されていますが、お互いに直接的で深刻な影響を与えるシステムの代表として、送電網の例が挙げられています。
いま、先進国ではスマートグリッドと呼ばれ、送電網と家庭電力がインターネットで繋がれようとしている。本書にあるように、人工知能にそこをハッキングされたら、人類社会はイチコロでしょう。

成毛 本書を読んで思い出したのは、私が日本法人代表をしていたマイクロソフトのビル・ゲイツと立花隆さんが本誌(1997年2月号)で対談をしたときのことなんです。
同席した私としては、当時発売されたばかりのウインドウズ98の話をして欲しいのですが、立花さんの関心は「人工知能はつくれるか」という一点。その話を中心に対談が終わってしまい、ゲイツに怒られるかと思ったら、「確かに人工知能が発展したら何が起こるんだろう。
何も手を打っていないけど、とても気になる」と感心している。非専門家の感覚は正しいんだ、というようなことも付け加えていましたね。こういう専門的な課題は、外からの方がよく見えるときがあるのでしょう。

山内 多くの人工知能開発者たちが「善良な人間は善良な人工知能しか作らない」という性善説に基づいて行動しているという指摘も本書にありました。
ソフトウェアの世界でも、10個に1個は有害なソフトと言われているのに、自分たちが創り上げたものが悪い目的に転用されてしまう可能性を予期しないという。重要な問題提起ですね。

 さらに、文化への言及も刺激的ですね。チェスでも人間が人工知能に勝てなくなる話が出てきますが、そうなれば安全保障や身体的危害という点だけではなく、芸術分野からも人類社会が破滅していくことになりかねません。
(以下略)
詳細のソース
http://gekkan.bunshun.jp/articles/-/1376

続きを読む

azsok at 19:00|PermalinkComments(0)

2015年07月08日

【IT】「人生の目的って?」グーグル人工知能の答えが深い

ahspace=
1: とらねこ◆EDwr815iMY 2015/07/06(月)18:23:02 ID:dDG
週刊アスキー
「人生の目的って?」グーグル人工知能の答えが深い
盛田 諒(Ryo Morita)/大江戸スタートアップ

(略)
 論文の中で、哲学的なテーマについて人工知能と会話した結果はこんなものだったという。

──人生の目的は?
より良きことをなすこと。

──生命の目的は?
永遠に生きること。

──存在の目的は?
わたしたちが地球という惑星に来たとき、何が起きるか発見すること。

──いまあなたはどこに?
人里離れたところに。

──死の目的は?
命を得ること。

──知的存在の目的は?
それが何かを発見すること。

──感情の目的は?
わからない。
(略)

詳細のソース
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/353/353476/

続きを読む

azsok at 21:00|PermalinkComments(0)