南京事件

2015年11月08日

【痛快!テキサス親父】ミスター馳のユネスコ“乗り込み”に期待するゼ 国際社会で傍観は「認めた」ことに


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/11/07(土)17:02:27 ID:???
【痛快!テキサス親父】ミスター馳のユネスコ“乗り込み”に期待するゼ 国際社会で傍観は「認めた」ことに (1/2ページ)
2015.11.06

 ハ~イ! みなさん。ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界記憶遺産に、
中国が申請した「南京(事件)大虐殺の文書」が一方的に登録された問題で、
日本の馳浩文科相がパリの本部に乗り込むと聞いたぜ。5日にユネスコの総会で一般政策演説を行い、
制度改善などを求めるという。
(略)

 中国が申請した“南京事件の証拠”とされる写真には、捏造が確認されていたり、
事実関係が違っていたり、不自然に加工されていると聞く。
そのまま、「南京事件の文書」の真偽についても、再調査すべきだよな。

 俺と日本の友人たちは今年夏、「慰安婦」と「南京事件」の資料・文書などの登録を阻止するため、
反論書簡を持ってユネスコ本部に乗り込んだ。慰安婦資料の登録が見送られたのは良かったが、
南京事件についてはとても残念だった。

 産経新聞によると、記憶遺産登録は14人からなる国際諮問委員会(IAC)が
カギを握っていたようだ。表向き「公文書保管の専門家」というが、
「事業職出身者の門外漢もいた」(関係者)。アジアではカンボジア人1人だけで日中韓の専門家はいないという。

 そして、審査に影響力を持つアジア太平洋地域委員会は、中国人の専門家が議長を務め、
4人いる副議長の1人が韓国人。日本人は枠外に置かれていたという。

続き ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151106/dms1511061550009-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20151106/dms1511061550009-n2.htm

続きを読む

azsok at 12:00|PermalinkComments(0)