小説

2018年05月15日

芥川龍之介の孔雀がまったく意味わからん

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/03(木)13:51:34 ID:VXC
説明して

続きを読む

azsok at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年05月13日

どうして日本の映画と小説はオワコンになったのか

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/30(月)22:46:48 ID:4bU
昔は三島由紀夫とか黒澤明が文化人として認知されていて
マスコミなんかにもよく出ていた
今は作家や映画監督がそのようの扱いを受ける事がない
しかし、漫画家は文化人枠でマスコミに露出してる
江川とか黒鉄さんあたりね

ジブリなんかはピクサーやディズニーからも注目されていて
ジブリアニメの飛行シーンは教科書的に扱われているそうだ
また、アニメ関係に限らず、海外の作家や文学者にもジブリファンはかなり多い

それに比べて映画と小説はどうか
世界から相手にされてるのは村上春樹と北野武だけじゃないか
世界どころか国内からも相手にされてない
出版社の調べでは、小説を買って読む人は40代以上がほとんどだそうだ
つまり、10代~30代の若い人は小説を読まんという事だね
街頭で若者を相手に
現役小説家・現役映画監督を5人挙げろと訊いたら
たぶん、多くの若者が答えられないだろう

何より、小説も映画も若手の作者が育ってないのが痛い
漫画は尾田とか諫山みたいな若手が活躍してるけど
彼らと同年代で知名度のある小説家なんていない
知っているのは文学マニアくらいだろう
若手の映画監督なんか、結構映画観る俺でさえ知らない

なんでここまでオワコンになったの?

続きを読む

azsok at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年04月30日

なんか、ムーミン語りたい

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/16(月)18:50:56 ID:zFn
漫画、アニメ、えほん等はあんまわかんない
基本的に小説のやつ

続きを読む

azsok at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年04月28日

鬱とかで小説読めなる現象を克服した奴いる?

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/19(木)19:14:06 ID:J7L
SSすら読むのキツいんだけど
どうやって昔通り読めるようになった?

やっぱ数?

続きを読む

azsok at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年04月26日

読書は高尚なものじゃない!とか言う奴に限って読んでるのは小説だったりするよな

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/17(火)17:48:00 ID:9nk
どの程度高尚かの議論はやってもいいが
小説前提じゃそう思っちゃうだろうとしか言えないよね
とりあえずファーブル昆虫記から読んではいかがかな

続きを読む

azsok at 18:00|PermalinkComments(0)

2018年04月19日

小説書きだけど国文学科卒の妹に査読してもらえない

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/12(木)18:03:01 ID:0WO
理系だけど、俺はこれでも大学を出てる
科学、哲学、社会、文学、娯楽と一通り読書もしてる
漫画を含めれば千冊近い本を読んでる
ウェブ小説やSSは10年以上書いてる
出版社の公募にも出してる

それなのに
「素人が書いた文章なんて読むだけ時間の無駄」
と言われて全く読んで貰えない

続きを読む

azsok at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年04月07日

純文学・エンタメ小説・ラノベ←境はなんなの?

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/29(木)11:02:54 ID:5Ze
出版社はだいたいこの3つに大別して
小説のジャンル分けをしたり、新人賞を設けたりしてるが
境は何なの?

続きを読む

azsok at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年03月13日

小説書き始めたから序章だけ読んでくれ

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/04(日)17:29:57 ID:8we
久々に本家覗いたら勢い死んでたのでこっちに


葉青はこの頃の奔走に対して段々と疑問を抱き始めていた。
只生活の為には已むを得ないという事実の前に、狭く薄汚い世間のうちにも培って来た道徳やら倫理を都合よく解釈し、どうにか今日までは自分を納得させていたのである。
然し幾ら真っ当な生き方を望んだ所で、固より不法滞在者の葉青は、同じ身上の中国人達から離れて生活する術も到底持たない。
なければ父の遣いを続けるより他に手段もない訳で、そこに無力な自分を恨めしく思う小さな自尊心であったり、日に日に壊れていく父を未だに正しいと信じていたい子供心の歪な葛藤が孕んでいるのである。
葉青は淋しかった。そうして自らの淋しさに絆された今夜は平生呑まない麦酒を二缶も開けた。肴も無く空き腹にがぶがぶ遣ったから直ぐに酔いが回った。
葉青は酔って何をするでもないが、収まりの効かない鬱憤を束の間でも忘れてぼうっとしていられるのは何だか楽しかった。
ところへ父が帰宅し、呂律の回らない調子で娘の名を呼ぶのを聞いて、葉青の陽気な心持は一転して暗くなった。
その上何処ぞで引っ掛けて来たらしい日本人の若い女を横に連れているので、葉青は居た堪れなくなり彼らと入れ違いに家を出ようとした。が、父は葉青を引き留めて「出て行くのは結構だが仕事はしろ」と云った。
父は返事も待たず、葉青の手に中身の詰まった封筒を掴ませると「電話番号を書いた紙も中に入ってる。話は付けてあるから明日中に受け取って来い」と云った。
葉青は伏し目がちに首を縦に振った。頷くしかなかった。それから女の方をちらと観察してみると、艶やかな出で立ちから屹度淫売婦だと察しが付いた。
女から返された哀れみ混じりの笑みから逃げる者の如くに、葉青は家を飛び出して市街の方に向かった。去り際に父は朝まで戻って来るなと云った。葉青は端からその積であった。

続きを読む

azsok at 20:00|PermalinkComments(0)

2018年03月05日

【画像】わーい陸上戦艦できたよー!

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/24(土)16:54:51 ID:jTj
ドンナー(小説版を参考)
乾燥重量5000トン
20mm機関砲22門
15センチ高角砲4門
20センチ連装砲塔2基4門
50センチ砲1門
船舶用ガスタービンエンジン8機
腹足運動で走行

no title

続きを読む

azsok at 00:00|PermalinkComments(0)

2018年03月03日

プロの小説家と素人の文章見分けられる?

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)19:32:29 ID:P12
1 微かな南風の運んでくる海の香りと焼けたアスファルトの匂いが、僕に昔の夏を思い出させた。
 女の子の肌のぬくもり、古いロックン・ロール、選択したばかりのボタン・ダウン・シャツ、プールの更衣室で喫った煙草の匂い、微かな予感、みんないつ果てるともしれない甘い夏の夢だった。
そしてある年の夏(いつだったろう?)、夢は二度と戻っては来なかった。

2 永い夢のようだが、しかしその肌ざわりは生々しかった。僕は遠い昔の記憶にただよう、血腥い記憶を、繰り返し戸を叩くようにしつこく呼び覚まさなければならなかった。
余計な記憶まで一緒くたに引っ張り出してきた僕の頭は雑多な混濁に充ちて、次第に自分が存在しているのが過去なのか未来なのか現在なのか、なにも判ぜないようになっていった。

どっちがプロだ
複数問題あるぜ

続きを読む

azsok at 18:00|PermalinkComments(0)