幼女

2017年08月02日

幼女と少女の境目がわからなくて困ってるんだ

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/21(金)17:11:54 ID:j2S
誰か詳しい奴はいないか

続きを読む

azsok at 00:00|PermalinkComments(0)

2017年05月24日

最近近くに住むと思われる幼女となんか仲良くなってしまった

1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/15(月)20:50:41 ID:NhY
見かけると挨拶される
うまく疎遠になる方法ないかな

続きを読む

azsok at 18:00|PermalinkComments(0)

2016年04月14日

【社会】小児性愛者を「合法的に手助け」する人形に問題は? 海外から批判

1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/04/12(火)13:18:15 ID:???
小児性愛者を「合法的に手助け」する人形に問題は? 海外から批判
社会は小児性愛者にどう向き合うのか。

posted on 2016/04/11 17:31
山光瑛美 BuzzFeed News Reporter, Japan

小さな子供に対して性欲を抱く小児性愛者のための人形を作る工場が、東京都八王子市にある。
少女に似せた身長や外見を持つ人形は、1体約70万円。この人形が海外に輸出され、
大きな議論を呼んでいる。BuzzFeed Newsは代表者に話を聞いた。

小児性愛者のための人形を販売することは、是か否か。世界的な議論を巻き起こすきっかけとなったのが、
2016年1月の米誌The Atlanticのインタビュー記事だ。

この記事の中で、工場「TROTTLA」の代表、高木伸氏は小児性愛者の
「欲望を、合法的に、そして倫理的に表現できるように手助けしている」と述べている
(The Atlanticの記事では、高木氏が自身が小児性愛者だと告白したかのような表現がなされている。
しかし、高木氏は「ここは誤訳で、自分は小児性愛者ではない」とBuzzFeed Newsの取材に答えた)。

この記事をきっかけに、海外では、高木氏が作り出す人形が「病だ」
「小児性愛を正当化してしまう」などと、批判が殺到した。

オンライン署名サイトChange.orgでは、「CHILD SEX DOLLS ARE NOT A GAME(児童セックスドールは遊びではない)」と、
オーストラリアへのTROTTLAの人形の輸送を禁止するよう呼びかける運動が起こっている。

続き BuzzFeed News
https://www.buzzfeed.com/eimiyamamitsu/trottla


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 42◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1460141869/313

続きを読む

azsok at 20:01|PermalinkComments(0)

2016年03月04日

頼む。ここに幼女を描き足してほしい

1: 名無しさん@おーぷん 2016/02/26(金)12:36:07 ID:E7P
no title
こう、侍が幼女を守っている図にしたいんだ。頼む

続きを読む

azsok at 12:00|PermalinkComments(0)

2016年02月23日

【裁判】CGで裸の女児、児童ポルノか芸術か 裁判で争点に


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/02/22(月)12:14:43 ID:V90
 コンピューターグラフィックス(CG)で裸の女児をリアルに描いて販売したら、
児童ポルノにあたるのか。そんな争点の刑事裁判が東京地裁で続いている。
検察側は「CG技術を悪用した犯行」として懲役2年罰金100万円を求刑。
弁護側は「芸術作品で、無罪だ」と訴える。判決は3月15日に言い渡される。

 裸の女児の写真データを素材とし、パソコンで児童ポルノ34点を作製して販売したとして、
児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造など)の罪に問われたのは岐阜市の
グラフィックデザイナーの男性被告(55)。
警視庁によると、CGを児童ポルノとして摘発した初めての事例だった。

 被告が参考にしたのは、1980年代に出版された写真集。
問題のCGは一見すると写真にも見える精巧なものだが、
元の写真にはない体のパーツが描かれたり、構図やポーズが違ったりするものもあった。

 昨年暮れの論告で検察側は「実在する女児の写真を元に極めて似せて描き、
うち数点はほとんど違いが分からない」と指摘。弁護側は
「実在の児童を描いたものではなく芸術作品。これを罰することは芸術を踏みにじるものだ」と訴えた。
(略)

続き 朝日新聞・会員記事
http://www.asahi.com/articles/ASJ2L6HL1J2LUTIL057.html

続きを読む

azsok at 00:00|PermalinkComments(0)