続報

2016年03月12日

【広島中3自殺】「卒業式ダメにしてやる」「卒業式をぶっ殺す」府中町教委に脅迫電話 警戒強化へ


1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/03/11(金)16:06:50 ID:???
 広島県府中町立中3年の男子生徒=当時(15)=が昨年12月、
誤った万引記録に基づく進路指導を受けた後に自殺した問題で、
同町教育委員会は11日、「卒業式をダメにしてやる」「ぶっ殺す」
という内容の脅迫電話が9日にあったことを明らかにした。
町教委は広島県警に相談しており、卒業式が行われる12日、警戒を強化する方針。

続き 産経ニュース
http://www.sankei.com/smp/west/news/160311/wst1603110052-s.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 39◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1457302274/406

続きを読む

azsok at 00:00|PermalinkComments(0)

2015年07月27日

【社会】小型機墜落事故、許可なく操縦士訓練宣伝


1: トト◆53THiZ2UOpr5 2015/07/27(月)10:41:41 ID:1Kp
小型機墜落事故、許可なく操縦士訓練宣伝
[2015年7月27日9時7分]

 東京都調布市の住宅街に調布飛行場を離陸直後の小型プロペラ機
が墜落し8人が死傷した事故で、操縦していた川村泰史機長(36)
=死亡=は自身が経営する会社のホームページでパイロット養成を
うたう一方、養成事業に必要な国の許可を受けていなかったことが
27日、国土交通省への取材で分かった。

 事故機には川村機長以外に4人が搭乗していた。運輸安全委員会
は飛行の詳しい目的や経緯、4人が乗っていた理由などを調べている。

 航空法の規定では、パイロット養成事業を経営するには、国交相
から「航空機使用事業」の許可を受けることが必要。

 国交省によると、川村機長は訓練の指導に必要な「操縦教育証明」
の免許は取得済。自身が社長を務めるシップ・アビエーション(調布市)
のホームページで、自家用操縦士コースの場合、訓練期間は約5カ月
で費用は約324万円などと紹介している。その一方で「関連役所等の
理解が得られず、許可を受けるに至っておりません」とし、訓練は
パイロットを養成する航空機使用事業ではなく「クラブ運営方式」だ
と主張している。

(後略)

※全文は日刊スポーツでご覧下さい。
http://www.nikkansports.com/general/news/1513626.html


■関連スレッド
【社会】調布市の住宅街に小型飛行機が墜落 延焼中 [H27/7/26]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1437880785/

続きを読む

azsok at 23:00|PermalinkComments(0)